B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
B級グルメ・ハムコラム TOP > スーパー評論家 > 肉のハナマサで自由意志を失う!

肉のハナマサで自由意志を失う!

2013-09-06 22.15.19

肉のハナマサ。

肉のハナマサである。先日、八幡山にある、敷地から放射性物質がでたことで一躍有名になった業務用スーパー「パワーラークス」にたまたま行ったら、放射線の影響か、すべての野菜が大きく元気でとても良かったので、肉のハナマサにも行ってみる。

前に小走りの時に見かけていて、けっこう遠い所にあると思ってたが、神田川を越えたすぐの所だった。これなら近いな。近いと行っても小走りの感覚で近いのであって、ふつうに歩くとかなり遠いと思う。

入ったら感動。何もかにもが大量で安いものは安い。特にやばいものは安い。目立ったのは豚の耳と鶏の爪。豚の耳は100g30円で、鶏の爪(モミジ)は100g20円である。それが冷凍で1キロくらいのパックなのだから、まったくやばい。一人だったら買ってたが、連れが食わないと思うので買わない。

モミジは韓国料理屋で食ったことがある。あまり食うところがなかった。豚の耳は初耳だ。どうしたらいいのか。

それで買ったのが肉とニンジンとタマネギとスパゲティ。肉はトンカツ用のが半額で900gのパックがグラムあたり52円くらいになっていた。これは買うしかないでしょう。これはポール・ホーガンの小説に出てた「高度に知性の高くなった人間は、最適な答え一つしか出なくなるので自由意志がなくなる」という状況に似ているな。

でも、品質はあまり良くない。ニンジンは端の方が悪くなってた。安くするからどんどん食えということか。

激安店では、この肉のハナマサ、下高井戸のしぶとく生き残っているツルカメ(他のツルカメは大部分閉店してマイバスケットに変わったようだ)、幡ヶ谷のサンディ(あのサンディである。閉店した近くのサンディと同じ系列かはわからないが、たぶん同じじゃないかな)が行ける距離にある。

普通の人が歩いて行ける距離ではないが、小走りなら可能である。帰りが荷物で重くなるが、重い方が運動になるから一石二鳥である。苦しめば苦しむほど身体に良いである。次は幡ヶ谷のサンディを攻めてみたい。果たして閉店したサンディと同じく、激安の豚軟骨はあるだろうか(100g35円)。こうごきたい。

スーパー評論家というのもいいな。超人みたいで。
関連記事
[ 2013/09/06 23:13 ] スーパー評論家 | TB(-) | CM(-)
人気記事一覧
全記事表示リンク
月別アーカイブ
05  12  11  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  01  09  04  03  02  01  12