B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
B級グルメ・ハムコラム TOP > > ヒトデは主に北海道で食べられる

ヒトデは主に北海道で食べられる



ヒトデ。

たぶんこれは楽天で売っていなさそうだな。アクアリウム屋で売ってるだろうか。これは誰に言っても受けるので書いておこう。北海道ではヒトデを食う。

たぶん、誰もが食うわけではないと思う。釣り人や海水浴客が食うのではないかと推測する。北海道で「海水浴」というのは、密漁のことである。誰も泳ぐのが目的で海に行く者はいない。海にもぐってウニやアワビを取って来るのである。

ちゃんと禁止されているので、うっかり漁師に見つかったりすると、取った物を海に放り投げられる。ヤクザがスキューバを担いで潜ってたりすると逮捕される。

ウニはバフンウニとムラサキウニが取れた。ムラサキウニはガンゼと呼ばれ、バフンウニはそのままバフンウニだった。バフンウニの方がうまくて数が少ない。とげの短いのがバフンウニで、黒くて長いのがムラサキウニである。

アワビは数が少なくなかなか取れない。ムラサキウニは数が多すぎるのと味が落ちるので、あまり取らない。バフンウニを探して取る。今思うとぜいたくな話だ。ウニはたくさん取れたら塩漬けにして保存していた。ウニは焼いた物以外は好きではなかった。大人になってから、おいしく思えるようになった。

夏なんかに防波堤から海をのぞくと、身が何も入っていないようなムラサキウニとナマコが、びっしりと海底に張り付いている。これは豊かさの表現ではなく、砂漠のような光景である。魚も海藻の姿もなく、ナマコとムラサキウニだけがうじゃうじゃいるのだ。さらに砂漠化が進むとナマコだけになる。

さて、ヒトデだがそこらの海を泳ぐとイトマキヒトデがいる。青くて星形のやつだ。こういうのは食わない。食うのは防波堤などで深いところにいるやつだ。こういうところで釣っていると巨大なヒトデが釣れるのである。

腕の長さが30cmくらいのやつ。片腕ではなく両腕、直径と言えばいいのか。ヒトデの大きさの単位はよくわからん。これを持って帰って食うような酔狂な者はおらんが、たまたま、そこでたき火をしていたりすると、これをほおりこんで焼く。

すると腕の硬い皮を開くと中に身が入っている。ヒトデの身だ。あまり聞いたことのない単語である。私も初めて書いた。これを食うのだが、焼いたウニのような味がする。もちろん、そんなにはうまくはない。あたりまえだ。うまかったら、みんな食っているだろう。

関連記事
[ 2012/02/20 12:46 ] | TB(-) | CM(-)
人気記事一覧
全記事表示リンク
月別アーカイブ
05  12  11  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  01  09  04  03  02  01  12