B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
B級グルメ・ハムコラム TOP > > それはホッケの開きではない

それはホッケの開きではない



ホッケ。

居酒屋で開きになっているやつである。しかしながら、東京で出るやつはホッケではない。シマホッケである。

味もホッケにくらべると、やや落ちる気がする。どう違うかというと、北海道の沿岸で釣りをして、かかってくるようなのがホッケ。シマホッケはもっと北の海でとれるやつだったと思う。

こんど、居酒屋でホッケの開きが出たら、ひっくりかえしてみよう。だいたい、シマ模様があると思うが、なかったら、それは本格的な店だから、勘定が高くつくので早く帰ろう。

ホッケだが、じつは北海道ではあまりありがたがれてはいない。雑魚のあつかいに近かった。

そこらで釣れる魚で、ありがたがれるのは、まずカジカ、ソイ、アイナメである。その下にカレイ類がいて、次あたりがホッケである。

理由は身がやわらかい、刺身にならない、群れの回遊魚なので当たると、むだに大量に釣れる、などである。

やはり、上位にくらべると味がやや悪いのが大きいと思う。開きにして干すのは、たくさんとれて、身が劣化しやすいのと、それしか、うまい食い方がないせいだろう。

ありがたみの順だが、いちばん下はエゾメバルである。地方名はガヤ、どこにでもがやがやたくさんいるからである。

これが東京ではなかなか高級魚になるんだなあ。エゾのつかないメバルたが。スーパーでも、ちっこいのがけっこうな値段で買う気にならない。

北海道では釣れても、もって帰る人はあまりいなかった。

ああ、でも、釣りをしていたのは、30〜40年まえの話なので、今ではだいぶ状況がちがうかもしれない。

思い出の北海道の釣りの話である。
関連記事
[ 2012/02/10 22:05 ] | TB(-) | CM(-)
人気記事一覧
全記事表示リンク
月別アーカイブ
05  12  11  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  01  09  04  03  02  01  12