B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
B級グルメ・ハムコラム TOP > 中華料理 > 大勝軒とは関係がないただの中華料理屋の代々木上原の大勝軒|世界グルメ紀行

大勝軒とは関係がないただの中華料理屋の代々木上原の大勝軒|世界グルメ紀行

大勝軒 代々木上原

大勝軒とは関係がないただの中華料理屋の代々木上原の大勝軒である。調べてみるとなかなか微妙で、大勝軒というと永福町にある、これまた大勝軒と関係のない大勝軒と、いわゆる『つけ麺の大勝軒』が有名だが、代々木上原の大勝軒は、それとは別の丸長系列の大勝軒だそうで、丸長というと割とどこにでもあって、どれもやたらと古い中華料理のチェーン店だな。

代々木上原の大勝軒は食べて見るといわゆる『つけ麺の大勝軒』となにも関係がないのがわかるが、検索してみると一緒にしている人も多いな。この認識であってるのかはわからないが、別系統というのは確かだ。『大勝軒』というより『丸長』が出てくると思えば良い。

ここもやはりなかなか古くて良さそうな町の中華屋で、よく前は通るのだがようやく入った。いつもそれなりに混んでいるのだが、代々木上原はこの手の中華屋が他にないので、それで客が来ているのかも知れないので、その点はよくわからない。堅揚げの中華焼きそばがメニューの一番上にあったので、これに挑んでみた。それと生ビール。この中華料理独特の堅焼きの焼きそばというのがよくわからない。焼きそばは麺を別にして強火でカリカリと焼くと香ばしくなって美味いので、その延長で揚げてしまえ、となったのだと思うが、ここまで硬く焼いてしまうと硬くて食いにくいと思うのだが、中国人がみんな好きなんだから、きっとこれはうまいのだろうと思って、ことあるごとに頼んでいる。いつか美味しさがわかる日がくると思う。

来たのを見たら分量がやたらと多い。普通の店の大盛りくらいあるな。食べてみるとやはり普通の焼きそばの方が美味いと思うのだが、これも訓練でそのうち硬いのがうまくなるような気もする。少し伸びて柔らかくなるとましになった。味は非常に上品で控えめ。言い換えると味が薄い。俺なら、ここにダシと味の素とニンニクとラードをどっさり入れて、100倍くらいくどくしているところだ。ま、これは好みの違いというものであろう。

意外と具が凝っていて、ギンナンとユリ根まで入っている。このへんのこだわりを見ると、なかなかあなどれない店だとわかる。つけあわせのスープがやたらとうまい。たぶん、普通にラーメンを食った方が方がうまいのかも知れない。




関連ランキング:つけ麺 | 代々木上原駅代々木八幡駅代々木公園駅


関連記事
[ 2017/08/05 09:45 ] 中華料理 | TB(-) | CM(-)
人気記事一覧
全記事表示リンク
月別アーカイブ
05  12  11  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  01  09  04  03  02  01  12