B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
B級グルメ・ハムコラム TOP > カレー > やばい。カツと米の分量が対等:チキンマウンテンカツカレー、高円寺の虎春屋|世界グルメ紀行

やばい。カツと米の分量が対等:チキンマウンテンカツカレー、高円寺の虎春屋|世界グルメ紀行

虎春屋 高円寺店 (トラハルヤ) - 高円寺/カツカレー

高円寺の虎春屋のチキンマウンテンカツカレー。やばい。

この前はインド料理屋でカツカレーを食ったが、今度は餃子屋でカツカレーである。正確には『餃子屋だった』なのだが……少し前までタイガー餃子会館とかいう名前だったような気がするが、看板だけ変わっていた。だいじょうぶか。今後は担々麺を中心に売っていきたいらしい。なので、餃子を店名からはずしたということだろうか。

母体の会社のあるチェーン店らしいが、なかなか個性的な展開をする店で、とくに人気がある様子はないが、餃子の味は俺はうまいと思う。

この店の数軒先に『100時間煮込んだカレー』という店がオープンして人気があるようだ。それにあてこんで、カツカレーを始めたのか、と思ったが、よく考えると、このチキンマウンテンカツカレーの看板はそれ以前からあったような気がする。

チキンマウンテンカツカレーだが、並と大盛りがある。いつもならためらわずに大盛りを頼むところだが、料理の写真を見て、にわかに警戒心が巻き起こり並みにした。それで正解だった。並は880円。それとタイガービールも頼んだ。虎だから、タイのタイガービールを出してるのだな。

なぜかタイガービールがやたらとうまい。出てきたカツカレーを見て、並にして良かったと思った。大盛りなら死んでいた。これはやばい。山ができている。チキンカツのマウンテンである。普通のカレー屋の大盛りどころではない。メガ盛りくらいだ。ほぼご飯とカツの分量が互角なので、主にカレーのかかったカツを食べて、オカズにご飯を食う感じになった。

味があんがい変わっていてうまい。小麦粉を使わないカレーだそうだが、どうやってるのか。意外と力を入れて工夫して作っているようだ。わかったのは

(1)中華屋なのでたぶんラードを使ってる
(2)しゃきしゃきする感じを出すために、最後の方で刻んだ玉ねぎを入れてる
(3)かなり辛い


この三点である。

チキンカツは安く作れるので店によってはひどいこともあるが、ここのはかなりうまい。分量が多すぎるが、これはなかなか良い。カツがまずいと苦しい戦いになるので、良いカツで助かった。虎春屋のコックにはお礼を言いたい。

あとに入ってきた高円寺の飢えた若者たちは、チキンマウンテンカツカレーを小盛りで頼んでいた。飢えた高円寺の若者なのに小盛りを頼むくらいだから、すごい量なのである。一度食って後悔したのであろう。

食えない量ではないが、食うとそのあとに動けないという感じだ。ビールはよした方が良かった。

あと、付け合せにキャベツが乗っているが、これがやたらとうまい。この中で一番うまい。たぶん、軽く茹でて酢に漬けてあると思う。うまいので今度、家でも作ろう。

虎春屋 高円寺店 (トラハルヤ) - 高円寺/カツカレー



関連ランキング:ラーメン | 高円寺駅新高円寺駅



関連記事
[ 2016/12/10 11:44 ] カレー | TB(-) | CM(-)
人気記事一覧
全記事表示リンク
月別アーカイブ
05  12  11  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  01  09  04  03  02  01  12