B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
B級グルメ・ハムコラム TOP > お菓子 > 本日の魔法の言葉『こわれ』

本日の魔法の言葉『こわれ』

2014-03-28 19.41.09

本日の魔法の言葉『こわれ』

お得な感じのする言葉、これを当コラムでは『魔法の言葉』と呼んでいる。有名なところでは『業務用』。さらには『ホテル仕様』『プロ仕様』などと、さまざまな涙ぐましい創意工夫のあとが見られる。たいへんにプリティ・ベイカントである。

どれも、ようするに『安くてまずい』というのを、コピーの言葉だけでなんとなく『お得な感じ』にしようとしてるのである。こうしてみると電通や博報堂と言うのは詐欺の親玉のようなものである。

芸能界でも、芸も歌唱力もなんの魅力もない若い男を5人くらいまとめて『人気アイドル』ということにして売り出す光景がよく見られるが、それと同じことである。ポイントは誰も名前も顔も知らないのにいきなり、頭に『人気〜』と付けちゃうところである。最初に『人気〜』と名付けておいてから、広告代理店を使って大量の広告を打って、『ほんとうはぜんぜん人気者でもなんでもない』のに『人気〜』ということにしてしまうのである。このうじむしどもめ。ジャニーズのせいで誰もテレビを見なくなったのも、よくわけがわかる。

ジャニーズのポイントはジャニさんが長生きでいつまでも死なない点にあると思う。おそらく、早く死んでくれないか、と思っている芸能関係者と一般人が5万人くらいはいるのではないか。話が脱線して戻れない。

さて『こわれ』である。さいきん見つけた魔法の言葉である。魔法の言葉のリストに新しく『こわれ』をくわえることができて、本日はまことにお日柄も良くてめでたい話である。

おもにせんべいの頭についている。『こわれせんべい』。しかし、せんべいだけとは限らない。こういう硬い和菓子では、よく使われるようだ。せんべいのたぐいのイモケンピやらカリントウなどの仲間である。こういうのは焼いてる時に割れるのであろう。

不思議なことに洋菓子では使われない。『こわれマカロン』なども製造過程で大量に出来上がってると思うのだが、流通しない。おそらく、バイトの子が持って帰ってみんな食っているのだろう。洋菓子屋のバイトの人間は糖尿病にかかる率が異常に高く、平均寿命がアフガニスタン並みに低いことはよく知られていることである。

つまり、長生きしたいなら洋菓子屋でバイトするな、ということである。

この『こわれせんべい』であるが、ときどき、とてもうまい。さらに工場の同じ製造ラインで作られる商品をごちゃまぜで入れるのか、いろいろな種類が入っていたりして楽しい。福袋のような感覚に近い一面がある。

ところで、日本人と言えばたいへんに品質管理にきびしい人種である。安倍晋三も絶賛するジャパン・ビューティフルの国である。おそらく、この『こわれせんべい』なども、きびしい検査の目をくぐりぬけ来ているに違いない。

工場の最終過程で袋に入った『こわれせんべい』が、検査員のパートのおばさんの前にベルトコンベアーで次々と流れて来るのである。パートのおばさんは、『こわれせんべい』をいっこいっこ調べて確認するのが仕事である。そして、もし、壊れていないせんべいが混ざっていたら、その場でばりばり割って、ちゃんと『こわれせんべい』に加工するのであろう。日本って不思議な国だな。

2014-03-28 19.04.06
関連記事
[ 2014/05/04 00:57 ] お菓子 | TB(-) | CM(-)
人気記事一覧
全記事表示リンク
月別アーカイブ
05  12  11  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  01  09  04  03  02  01  12