B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
B級グルメ・ハムコラム TOP > 加工肉 > だましたな、オーストラリア人め!

だましたな、オーストラリア人め!



サイコロ肉。

サイコロ肉である。牛肉なのに安い。じつにあやしいものである。はじめて彼(オーストラリア人)と出会ったのは、吉祥寺の西友である。牛肉コーナーにふつうの肉のふりをして、鎮座していやがった。このリアルソイレントグリーンめッ!

てっきり、「牛肉のはんぱな部分を、ちいさい四角形に切ったものか。これは、お買い得ですね……」と思い、一人でにやにや笑いながら、もって帰ったら、なんということだ。ミニステーキのつもりで敬意を表しながら、一口食ってみたら、ひき肉ではないか!だましたな、このオーストラリア人めッ!日本人がクジラを食うのをじゃまするだけにとどまらず、合成肉を送りつけて、ステーキかと思わせておいて、がっかりさせ、日本人の士気を損ねようという作戦か!「日本」「日本」「日本人」「日本人」ということばを連呼するネットのバカは、まったく嫌いだが、クジラを食わせないことに関しては、たいへんに欧米諸国に反発を感じているのである。つまり、食べ物のうらみは怖いという話である。

サイコロ肉は駅前のスーパーで、100g100円ほど。安いので、たまに買うが、けっこう売ってないことが多い。まあ、まずくはないのだが。肉のようなソーセージのようなふしぎな食い物である。

ソイレントグリーンは、子供の頃よく再放映していたSF映画。未来、世界は深刻な食料危機。化学的に作られた合成食料と思われていた配給食料が実は人肉だったという話。俺に大きな影響をあたえた。
関連記事
[ 2012/01/04 07:15 ] 加工肉 | TB(-) | CM(-)
人気記事一覧
全記事表示リンク
月別アーカイブ
05  12  11  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  01  09  04  03  02  01  12