B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
B級グルメ・ハムコラム TOP > 2017年01月

意外と具が多い:関西風おうどん - CGC|カップ麺食べ比べ

関西風おうどん

関西風おうどん - CGC。パルケのオリジナルカップ麺である。安いのでこのシリーズは良く食っている。だいたい98円くらい。

これのカレーヌードルをやたらと貪り食っているが、思いつきで地味なものしてみた。冬季限定らしい。蓋を開けてみると、けっこう具が多い。98円でも百均のやつよりは、ちゃんと作ってるようだ。

同じくパルケで買ってきた味噌のおにぎりと食う。ふつうにうまい。

関西風おうどん - CGC
http://www.cgcjapan.co.jp/products/list/category12.php?page=3
旨みの一杯 関西風おうどん
利尻昆布と鰹だしの旨みつゆ


関西風おうどん

ふた。

関西風おうどん

意外と具沢山。

関西風おうどん
関連記事
スポンサーサイト



[ 2017/01/28 14:42 ] カップ麺 | TB(-) | CM(-)

練馬のパワーラークスで100円:ニチレイフーズ レストラン用ミートソース|ミートソース食べ比べ

ニチレイフーズ レストラン用ミートソース

ニチレイフーズ レストラン用ミートソースである。めずらしく練馬区に出かけて、そこにあった激安スーパー、パワーラークスで買ってきた。100円だったと思う。

いつも行かない店なので、見たことがないレトルトだ。レストラン用とある。ふつうのレトルトよりちょっと小さい。レトルトのミートソースは2人前が多いが、これは1人前のようだ。

味は、けっこううまい。量が少ないだけに、100円の他のミートソースより濃厚だ。というか、なげやりな喫茶店でスパゲティーミートソースを頼むと出てくるのが、このミートソースのように思う。

ということで、ご家庭でおざなりな喫茶店の味が味わえるというレトルトミートソースである。

ニチレイフーズ レストラン用ミートソース
みんなに愛される懐かしく新しい一味違うベーシックメニュー。 野菜のじっくりと煮込んだ風合いとダイストマトとオレガノでフレッシュ感を演出。 バターのマイルドなコクが広がるソースです。 ひき肉は100%牛肉。粗く挽いた牛肉も加え食感を引き立てます。
http://wellness.nichirei.co.jp/shop/g/g8069900/


ニチレイフーズ レストラン用ミートソース

なかなかうまい。

ニチレイフーズ レストラン用ミートソース

うら。

ニチレイフーズ レストラン用ミートソース

レストランユーズオンリー。
関連記事
[ 2017/01/27 12:59 ] ミートソース | TB(-) | CM(-)

カレーが黄色い:ボンカレーゴールド チーズフォンデュ仕立て|レトルトカレー食べ比べ

ボンカレーゴールド チーズフォンデュ仕立て

これはなんだろうか。

風邪だか胃腸炎だかノロだかインフルエンザだかわからないが、かなりの高熱を出して寝込んでいた。熱は下がってきたが食い物がないのでクイーンズ伊勢丹に買い物に行った。病人で食欲がないので カレーしか食う気になれない。それでレトルトカレーを探したら、なんとクイーンズ伊勢丹には『ただのカレーがない!』。

これは衝撃の事実だった。ホタテ入りとか黒部和牛カレーとか、海軍なんとかとか、そんなのばかりで、ただのボンカレーもククレカレーもハチのカレーもLEEカレーも置いていないのだ。だいたいどれも300円以上という感じ。普通のレトルトカレーくらい置いておいてほしいものだ。病人に不親切な伊勢丹である。

ゆいいつ、このボンカレーゴールド チーズフォンデュ仕立てというが、100円台だったので買ってくる。170円くらいだった。それで家で温めて食おうとしたら、なんと白いではないか!上野動物園名物のパンダカレーと同じ白いカレーだった。正確にはチーズが入ってるので黄色か。

こっちは病人でカレーを食いたいと思ってるに黄色いのが出てきた。味はカレー味のシチューみたい感じで悪くはないのだが、俺はただのカレーが食いたかったのだ。クイーン伊勢丹の限界を見た思いがした。

めずらしく福神漬けまで買ってきたのに。

ボンカレーゴールド <チーズフォンデュ仕立て>冬季限定
http://www.otsukafoods.co.jp/product/boncurrygold/
グリュイエール、エメンタールの濃厚チーズに特製ガラムマサラがスパイシーに香るカレー。
保存料・合成着色料不使用。


ボンカレーゴールド チーズフォンデュ仕立て

箱。今思えば箱が黄色い。ここでその点に異常さを感じるべきだった。熱でよく判断ができなくなっていたのだろう。

ボンカレーゴールド チーズフォンデュ仕立て

袋。確かに正常なカレーより黄色い。

ボンカレーゴールド チーズフォンデュ仕立て

ボンカレーは知らん間に進化していた。電子レンジでチンできるようだ。
関連記事
[ 2017/01/26 11:41 ] カレー | TB(-) | CM(-)

ガッツリ系激安ステーキ300gで1000円:すてーき亭 荻窪店|世界グルメ紀行

すてーき亭 荻窪店

すてーき亭 荻窪店である。でかい。これはでかい。300gで1000円である。でかくて安い。

自分の知ってる範囲ではいちばん安い。ほかの激安ステーキ店なら1500円くらいはしているところである。まともなステーキ屋なら、2000円を超えているところだろう。

月に一回、高円寺に猫の餌を買いに行くので、そのついでに外食をする。高円寺はけっこう回ったので、電車で一駅ずつ移動することにした。先月は阿佐ヶ谷、で今月は荻窪にした。荻窪は駅のホームから見ると、にぎやかに見えるのだが、降りてみると商店街が短いし、かつ、どこにでもあるチェーン店で埋め尽くされている。

これは困ったな、と思って青梅街道沿いを歩いていたら、これがあった。すぐ近くの『ぶたや』という生姜焼き専門店も食指が動いたが、こっちにした。ためらうことなく、気がつくと自然と店の中に吸い込まれていた。荻窪をさまよったかいがあった。

いちばんの売りらしいトップステーキにした。出てきた肉を見たらさすがにでかい。ふつうのステーキは180gぐらいなので、2枚弱くらいの分量はある。肉もあんがい悪くない。下高井戸の『紅屋』という激安ステーキ屋が好きなのだが、紅屋には悪いが、そこはなかなか肉にすじがあって硬い。それに比べるとずいぶん柔らかい。

上に大きな黄色いものが乗っていて、なにかと思うとハーブバターのようだ。大量の肉と油である。いいですね。飢えた若者が次々と入ってくる。肉に飢えた若い男性客が、安肉を貪り食うという店のようで、あまり女性の姿はない。ガッツリ系の店だ。ご飯と味噌汁は食べ放題。電気釜が置いてあって、おかわりは自分でよそって食うという方式だ。

野菜はほぼついてない。そのぶん、値段を下げているという徹底ぶりだ。必要ならサイドメニューで別に注文しろということだろう。

肉が多いのでおかわりはいらないかと思ったが、やはりただなのでおかわりした。安い肉をたくさん食べて満足という店である。こういう店は好きだ。近所にも欲しい。100点。

すてーき亭 荻窪店



関連ランキング:ステーキ | 荻窪駅


関連記事
[ 2017/01/20 11:07 ] | TB(-) | CM(-)

焼そばにマヨネーズをかける:ごつ盛り ソース焼そば |カップ麺食べ比べ

ごつ盛り ソース焼そば

ごつ盛り ソース焼そばである。これもいつも食ってるな。安くてでかい。100円である。

ただ、量の多いタイプのカップ麺の焼そばは100均で買うと危険である。本当に麺ばかりで具のない奴に当たる。カップ焼そばなどというジャンクなものは、中の野菜類の量などはあまり期待はしないものだが、それにも限度がある。限度を超えるものが出てくるのだ。

今回は100円でもパルケで買ったので安心だ。ちゃんとそれなりに野菜類が入っている。しかも、キューピーマヨネーズまで入っている。焼そばにマヨネーズをかけるというのは、なんだろうか。大阪では通常だったりするのだろうか。お好み焼きにかけたりするからな。お好み焼き屋では焼そばも出るし、その延長で焼そばにもマヨネーズをかけるようになったのかもしれない。

おにぎり二個と食った。ちょっと多かったな。カップ焼そばは、初期の頃は出るお湯をスープに使いましょう、というやつがあったが、ああいうのはもうやらないのだろうか。スープの粉が付いているのがあった。あれはいいと思うのだが。


ごつ盛り ソース焼そば | 商品情報 - 東洋水産株式会社
http://www.maruchan.co.jp/products/search/3159.html
麺130g、旨みとコクのあるブレンドソースに「キユーピーからしマヨネーズ」が付いた大盛ソース焼そば。


ごつ盛り ソース焼そば

横。

ごつ盛り ソース焼そば

お湯を入れて待つ。30年前だとここに『3分間待つのだぞ』と書く人がいたと思う。今だと意味がわからないだろう。そういうCMがあったのだ。

ごつ盛り ソース焼そば

マヨネーズ! なかなかジャンクな眺めだ。マヨネーズパワーである。!のあとは半角スペースを入れるのを忘れてはいけない。

ごつ盛り ソース焼そば

おにぎり二個。
関連記事
[ 2017/01/14 12:16 ] カップ麺 | TB(-) | CM(-)

我らがロビンである:笹塚の洋食屋の名店ロビンのロビンスパゲティー|世界グルメ紀行

ロビン笹塚スパゲティー

世界グルメ紀行。

我らがロビンである。笹塚のロビン。トウェンティワンというおばさんショッピングモールの二階にある。笹塚の名物である。窓からトウェンティワンのエスカレーターが見えるが、飢えた20代の若者が上がってくるな、と思ったら、かならずロビンに入ってくる。トウェンティワンの集客力のかなりの部分を支えているのではないか。

今回はロビンのロビンにした。スパゲティーである。店の名前がついてるくらいだから、自信作なのであろう。非常にシンプル。エビがごろんごろんしていて、ピーマンと玉ねぎ。味付けがよくわからない。基本的に塩味というべきなのだろうけど、いろいろな味わいがある。コンソメとかなにかのダシ系のやつが入っていると思う。ニンニクはあまり入っていない。

カウンターに座ると、作ってるところが見えるが、缶が置いてあって中のものをばっとどれにも入れている。この味なのだろうと思う。門外不出のロビンの秘伝の味か。

あいかわらず換気が悪い。これだけどうにかなるといいのだが。人気店なのでいつもほどほどの客が入ってる。だが、並ぶほどは混まない。これが非常に良い。

隣の席の飢えた若者を見ると、揚げ物系のセットでご飯を大盛りにしていた。出てくるのを見るとすごい分量。いつもスパゲティーを食ってたので気がつかなかったのだが、ガッツリ系の店でもあったのか。なかなか奥が深い。こんど食ってみよう。

ロビンスパゲティーはシンプルでうまかった。他のメニューより安いのでコスパが売りという一品なのだろう。前から気になっていたが、なにしろシンプルなのでなかなか頼めないでいた。今回はこの先、行く用事があったので、簡単な食事をしようと思っていたので、ようやくロビンスパゲティーを食うことができた。

ロビン笹塚スパゲティー



関連ランキング:パスタ | 笹塚駅幡ケ谷駅代田橋駅


関連記事
[ 2017/01/11 14:52 ] スパゲティ | TB(-) | CM(-)

チャーハンの上にあんが:肉あんかけチャーハン 炒王 新宿西口店|世界グルメ紀行

肉あんかけチャーハン 炒王 新宿西口店

世界グルメ紀行。

肉あんかけチャーハン 炒王 新宿西口店である。久しぶりに新宿に出かけた。せっかくなので記念に外食をしようと西口あたりを彷徨った。たくさんの店があるのだが、目についたのが、『ローストビーフ油そば』の店と『肉あんかけチャーハン』の店で、これが隣同士に並んである。

どっちにしようかと思ったが、『ローストビーフ油そば』の方は客がいなかったので『肉あんかけチャーハン』の店にした。客がいないのは『ローストビーフ油そば』がまずいというのではなく、ちょっと高いからであろう。

それで『肉あんかけチャーハン』である。チャーハンがいろいろあるチェーン店のようだが、チャーハンだけのが一品あるが、それ以外はいろいろなあんが上に乗っているというメニューである。看板通りに肉あんかけチャーハンにした。単品では確か680円。今回はセットにした。860円くらいだったか。

大盛りは無料なので大盛りにした。客はほどほど入っている。たぶん日高屋などに近いのではないか。
ビールのつまみメニューなどもある。隣に比べて、客が多いというのは、コスパがいいのだろう。

味もちょっと日高屋っぽい。悪くはないは、『肉あんかけチャーハン』というコンセプト自体どうなのか。調べると美味い店もあるようだが。卵チャーハンにいろいろなあんが乗っているのだが、どうもあんがチャーハンの微妙な味を殺してる気がした。

これは白いご飯に、肉あんかけをかけるか、チャーハンをそれだけで食った方が美味いのではないか。チャーハンって味が薄くて繊細でしょう。でもまあ、日高屋っぽい雰囲気で、気楽に食って帰るという感じは悪くはない。

肉あんかけチャーハン 炒王 新宿西口店



関連ランキング:中華料理 | 新宿駅都庁前駅新宿西口駅



関連記事
[ 2017/01/11 13:43 ] 中華料理 | TB(-) | CM(-)

パルケで200円:デミグラスソースのハンバーグ|惣菜

パルケのデミグラスソースのハンバーグ

パルケのデミグラスソースのハンバーグである。200円。新しいものに挑んでみた。ハンバーグはなかなかつなぎが多い。これは高円寺名物のB級グルメ、ニューバーグに似ているな。味は普通。

ハンバーグは単品では寂しい感じがするが、インゲンと平たいスパゲティーがほんの少量、横にあるだけで料理っぽくなるのはおもしろい現象である。

これと200円でハンバーグだけのが店頭にならんでいたとする。ハンバーグ的には200円の方が肉っぽく上等になると思うが、なんとなく添え物がついてる方が購買意欲と食欲を誘う。人間の心理のおもしろいところだ。

パルケのデミグラスソースのハンバーグ

なにか貧困な食卓。
関連記事
[ 2017/01/08 13:05 ] 総菜 | TB(-) | CM(-)

ピカソを相手にしているようなもの:相模屋のコーンせんべい、下高井戸商店街

相模屋 下高井戸 せんべい

下高井戸商店街の相模屋のコーンせんべいである。豆菓子屋らしい。ここではよく買っている。高井戸に行くたびに買う。なんというか、オーソドックスな品揃えに見せかけて、自作創作系である。

意外と変なものが出てくる。しかも、名前も説明もなく透明な袋に入っているだけなので、中身は見た目で判断するしかない。おばさんがいると見ているだけで説明してくるが、最近おばさんを見ない。これなんか、こういう外見ならピーナッツせんべいだと思うでしょう。そう思って食ったら、ナッツではなかった。

なんかの豆のようにも見えるが、よく見るとトウモロコシの形に見えるのでコーンせんべいである。せんべいにトウモロコシが入ってるのは、あまり聞いたことがない。

これはまだマシな方である。ぜんかいは、抹茶せんべいという奇怪なものを買ってしまった。甘い抹茶味のせんべいである。思いつきで焼いてみたのだろうか。硬いせんべいのうえに甘くて苦い抹茶である。これは非常にまずかった。その後、これを見たことがないので、やめたのであろう。

このように何が出てくるかわからいないという地雷的な面白さがある。ピカソを相手にしているようなものなので、とりあえずはオーソドックスなものを買うのが良いと思う。


相模屋
http://www.shimotaka.or.jp/sagamiya
業種:菓子・豆菓子
営業時間10:00〜20:00
定休日不定休
住所東京都世田谷区赤堤4-42-19
TEL03-3321-7315


相模屋 下高井戸 せんべい

値段は安い。
関連記事
[ 2017/01/07 12:45 ] お菓子 | TB(-) | CM(-)

予想外の激辛に驚き:三升漬 八木澤商店|漬物食べ比べ

三升漬 八木澤商店

三升漬 八木澤商店である。呪われた町、代田橋の京王ストアで買ってきた。半額になっていて149円。高いので定価では買わなかったと思う。

なかなか変わったものだ。見た目と内容物からの想像では、醤油を作るときのモロミにちょっと味付けした物、と思っていたが、今調べると違っていた。青なんばん・麹・醤油をつけた物らしい。

北海道の郷土料理でもあるようだが、こんなもの知らんな。北海道は広いからな。塩麹ブームというのがあったが、それの関連で出てきたのかと思ったが、もともとあったようだ。

それで、モロミのようなものを想像していたが、食べてみるとずいぶん違っていて、ものすごい激辛。これは辛い。辛いがうまい、これはいいな。


三升漬 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/三升漬
三升漬(さんしょうづけ)は、青なんばん・麹・醤油をそれぞれ、一升ずつの分量で漬け込んだ保存食。北海道・東北地方の郷土料理である。 東北地方では、一升漬(いっしょうづけ)・麹南蛮(こうじなんばん)と呼ぶ地域もあるがどれも同等の製品である。

三升漬 八木澤商店
http://yagisawa-s.jp/SHOP/0307002.html
東北の郷土料理「三升漬」は、醤油、青唐辛子、米麹を各一升ずつ漬けて発酵させることから「“三升”漬」と呼ばれています。
塩辛と和えたり、バーニャカウダ風野菜サラダのディップの一部として、炒めた牛肉に大根おろしやぽん酢と和えて、などなど万能な辛み調味料としてお使いいただけます!


三升漬 八木澤商店

醤油に米麹の粒と唐辛子が浮かんでいる。

三升漬 八木澤商店

岩手県の会社だ。

[ 2017/01/07 12:19 ] 瓶詰め | TB(-) | CM(-)

レトルトカレー食べ比べ。S&Bおいしいカレー大辛である。

SB おいしいカレー

レトルトカレー食べ比べ。S&Bおいしいカレー大辛である。下高井戸の西友で買ってきた。86円くらい。安い。西友はアメリカのウォルマートの支配下になってからは、百均化がはげしくどれでも安く、かつ店員の給料も激安になったようで殺伐とした空気が店内にただようようになった。

この前などは店の備品の棚の一部が外れて床に落ちていた。店員がなんども前を通っているが、直しもしない。いかに安い給料で雇っているか……ということが推測されるできごとである。

それで、86円くらいの激安カレーのコーナーだが、3つくらいのメーカーのものが並んでいる。今回はS&Bおいしいカレー大辛にした。

大辛である。割と辛いのは好きだが、激辛マニアが好むような辛さ40倍というようなものは、辛すぎて味がわからなくなるので、好みではない。しかし、激安カレーなので普通のにすると、まったく印象に残らないようなものになるのは、目に見えている。だから、大辛を選んだ。

食べてみるとほどよい大辛さでよかった。激辛好きにはまったく物足りないとは思うが、一般大衆向けには丁度良い大辛さになっている。よくできている。S&Bは微妙な辛さの段階の違うものをいくつも試作して、試食させて作ったに違いない。

思った通り、辛さがアクセントになって、案外うまかった。


S&Bおいしいカレー大辛
https://www.sbfoods.co.jp/products/catalog/products_detail.php?GDSCODE=14419
S&Bが自信を持っておすすめする進化したスタンダードカレーです。たっぷりの炒め玉ねぎと15種類の野菜と果実をソースに溶け込ませた、すりおろし野菜とガラムマサラの辛みとの絶妙なバランスが特徴です。


SB おいしいカレー

S&Bおいしいカレー大辛。

SB おいしいカレー

解説。

SB おいしいカレー

福神漬けがほしいところだ。


関連記事
[ 2017/01/06 12:18 ] カレー | TB(-) | CM(-)
人気記事一覧
全記事表示リンク
月別アーカイブ
05  12  11  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  01  09  04  03  02  01  12