B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
B級グルメ・ハムコラム TOP > 2014年09月

今日のお料理教室。適当にお好み焼きを作ってみる。

2014-09-21 17.56.18

今日のお料理教室。適当にお好み焼きを作ってみる。

米も麺類も切らしたので食う物がないのでお好み焼きのような物をありあわせで作ってみた。小麦粉が業務スーパーの安い薄力粉だか中力粉だか。それに野菜がキャベツにピーマン、なぜかショウガ。

ベーキングパウダーも入れた。たぶんお好み焼きには入れないと思うのだが、小麦粉料理にこれを入れるとなんでもましになる魔法の粉だ。

ないものが卵だな。でも、なくても案外、それらしくできた。味付けがソバツユ。この味付けが意外と良かった。

上にかけたのがトマトケチャップとマヨネーズとカツオブシ。ソースの方が合いそうだが、なかったのである。なかったら別な物をかける。それだけの話である。トマトケチャップをかけたら、ちょっとピザっぽくなった。ピザ風お好み焼きもいけるかもしれない。

2014-09-21 17.33.05

くちゃくちゃと混ぜている。心配そうな見た目だ。

2014-09-21 17.34.24

フライパンで焼く。ベーキングパウダーを入れてるので、ふくらむように最初は両面やや強く焼いて
それから弱火でじっくり。

2014-09-21 17.37.16

ひっくり返す。ええと、ホットケーキにしか見えないがお好み焼きだろうか。

2014-09-21 17.57.06

できた。意外ととてもうまい。予想外の成功。卵は入れなくてもそんなに変わらないようだ。

2014-09-21 18.05.01

こんなにたくさん作らなくてもよかったようだ。もちろん食ったが。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/09/23 19:53 ] 料理 | TB(-) | CM(-)

ご当地名を付けるだけで味が2割アップの謎!

2014-09-05 23.28.25

ご当地名を付けるだけで味が2割アップの謎!

浜田山メンチカツである。浜田山の安めのスーパー、コモディ・イイダで浜田山に行った記念に買った。ウェストポーチとして使っているクーラーバックにぎゅうぎゅうに詰め込んで帰ったが、意外とつぶれていなかった。

一個148円の物を二個買った。デミグラスソースがかかっているのとプレーンのがあってかかってるほうを買う。

コモディ・イイダはCGCグループという中小スーパーのグループに入っているのだが、このグループはご当地総菜を出すのが好きなようだ。豪徳寺パルケでは豪徳寺コロッケがあり、東松原パルケでは東松原コロッケがあるのである。

ところがなぜか浜田山のコモディ・イイダではコロッケではなく浜田山メンチカツである。浜田山は微妙に高級住宅地なので、少し変えたのか。形が弾丸のように丸いのは吉祥寺名物の『サトウのメンチカツ』の影響だろうか。

味はとくにすごくはないが、ふつうにうまい。変哲のないコロッケやメンチカツでもご当地名を頭につけるだけで、名物っぽくなるというのは見事なマジックである。この例は永福町ラーメンやら宇都宮ギョウザなどいろいろある。地名を付けるとうまそうに見えるという法則である。

だからなんでもいいから適当に住んでる地名を頭になると売り上げ2割アップくらいするのではないだろうか。代田橋ミミズとか幡ヶ谷イモムシとか売ってみてはどうだろうか。金魚とかガマカエルは買いに来るのではないだろうか。

吉祥寺ドンブリという店もあるな。でも、これが経堂に出店した時に、経堂にあるのに吉祥寺ドンブリという煮え切らないじたいになってしまった。その後、下北沢にできたときは反省したのか内輪の事情があったのか、下北沢ドンブリと名乗っていた。今度はおさまりは良いが、どのフランチャイズなのか良くわからなくなってしまった。
関連記事
[ 2014/09/06 11:38 ] 総菜 | TB(-) | CM(-)
人気記事一覧
全記事表示リンク
月別アーカイブ
05  12  11  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  01  09  04  03  02  01  12