B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
B級グルメ・ハムコラム TOP > 卵

チャボの卵はうまかった!



卵。

よく買うと言いたいが、たまに買う。なぜならば、いつも山のように食料をまとめて買うので、卵が割れそうだからだ。

あと、肉ッ気が卵だけというのは、さびしいので、なにかほかの肉類と組みあわせることになる。ハムとか鳥肉とか。

つねにぎりぎりの予算で買っているので、ピンでトリを張れるものでないと、買いにくいのである。

今ごろ、卵を買うのをためらう家庭というのは、どうなんだと思うが、金がないものはしょうがない。

むしろ、これからグローバル化と格差社会が進み、金持ちはより金持ちに、貧乏人はより貧乏になっていくのだ、いい気味だ、ざまあみやがれ、おまえら、ぜんいん、飢えて死ね! ニポンチンどもめッ! げらげらげらげら……じゃなくて、格差社会化していく日本を先取りしていると言えよう。

一足お先にグローバル化がすんで貧しくなっている私であるッ! ふはーッ! TPPなんて私の500kmほど後ろで、ほこりをかぶって転がっていますがねッ!

これから、周回遅れで貧乏になっていく君たちを、にやにやしながら眺めることにしよう。まさにそれこそ高見の見物。贅沢貧乏である。

さて卵である。おいしい卵といえば、チャボの卵である。私が小学生の頃、なぜか父親が木で小屋を建てて、チャボを飼いはじめたのだ。

チャボというのは、ニワトリの仲間の小さい品種である。ウズラとニワトリの中間くらいの大きさだ。

20羽くらい飼っていた。つぎつぎと雛を孵して増やしていくのである。私の動物好きはこのへんの影響か。

このチャボの卵がじつにうまい! 生卵で食べた記憶しかないが。ちょっとウズラの卵を彷彿とさせる味で、つるんとして、うまい。もちろん、有精卵だし。大きさはニワトリの卵の2/3くらいである。

これも今となっては、食べられない味の一つになってしまった。ネットで検索すればどこかで売ってるとは思うが、わざわざそんな手間をかけて買うほどのグルメではないしな。

どうしても食べたい人は、今から木でニワトリ小屋を建てて、チャボのつがいを育て始めてはいかがだろうか?

そうすれば、グローバル化で日本中が貧乏になっても、自給自足で生きていかれるだろう。お試しあれ。「お試しあれ」ってのも、古いな。
スポンサーサイト



[ 2012/01/24 06:53 ] | TB(-) | CM(-)
人気記事一覧
全記事表示リンク
月別アーカイブ
05  12  11  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  01  09  04  03  02  01  12