B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
B級グルメ・ハムコラム TOP > 料理 > カレーである。ひじょうにうまくできた。

カレーである。ひじょうにうまくできた。

2013-12-14 00.15.05

カレー。

2013-12-14 00.15.22

カレーである。ひじょうにうまくできた。

古い料理の本にインドの食生活が紹介されていて、それを参考に作った。最初に強火で香辛料とタマネギを炒めるのが違うところで、最近のカレーの作り方の本では弱火でキツネ色になるまで気長に炒めるのが一般的だが、インドでは強火で一気にやると書いてある。

考えてみると昔のインド人は金も時間もないし、性格的にも、弱火で長時間ことこと煮るなどというのはやらないのではないか。そもそも、インドは暑いのだから、火の前に長時間いたら熱い。

長時間煮るというのは、イギリスに渡ってシチューやポトフとまざりあってからではないか。たぶん、インド料理のカレーはそんなに時間をかけてない気がする。

インド人の性格だが、お国柄を反映してか、たいへんに不条理らしい。最近のアメリカの映画や本を見てると、街がスラム化して商店などが商売が危険なのでみんな出て行きいなくなる。すると、そこに来て店を開くのがインド人らしい。インドでは他人の命も安いが自分の命も安いのである。

こんなところで店を出すと、とうぜん、そのうちホールドアップされて撃たれて死ぬ。でも、気にしないで次のインド人が入って店を開く。こんな感じで、あぶない地域はインド人の店だらけになるとか。ほんとかどうかは知らん。



煮るというより炒めるに近い感じで作ったのでカレールーはいつもの半分。トマト缶を入れた。
関連記事


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2013/12/14 14:20 ] 料理 | TB(-) | CM(-)
世界グルメ紀行
無料小説
こちらでホラー小説を連載しています。
アドセンス
アドセンス
全記事表示リンク
最新記事