B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
B級グルメ・ハムコラム TOP > 加工肉 > 脂身だけではけっして美味しいとは言えないことを私は発見した

脂身だけではけっして美味しいとは言えないことを私は発見した

昔造りの皮付きベーコン

昔造りの皮付きベーコン
価格:892円(税込、送料別)



ベーコン!

肉のあとは野菜にしようかとも思ったが、加工肉の世界があった。味覚が下品なのでベーコンの脂身が好きだ。まさに、太りやすい体質である。味覚の好みも体質もデブ指向なんだな。いちばん好きな脂身は焼いたステーキの脂身である。トンカツのロースの脂身も良い。

紀伊国屋という店がある。本が並んでるところではなく高級スーパーのほう。上京初期の頃、よくわからないで入ったら、予算内で買えるものがなくて困った。唯一、安かったのが網状になった牛の脂身。それでも300円くらいしたはずだ。

食べてみたら、ほんとうに脂身だけで困った。脂身は好きだが、脂身だけではけっして美味しいとは言えないということを、私は発見したのである。

さてベーコンだが、どうもそのまま食べる以上のおいしい調理法が見つからない(自分の好みで)。カリカリに焼いてもことこと煮ても、ベーコンの良さがなかなか発揮できていないように思われる。別な食べ物に変化してしまうのだ。

さらに言うといちばん美味しいのは、料理をする時にちょいと一枚くらいつまんで食べた時だ。本格的に食事として食うとなると、このままだと塩辛いし、しかし、料理すると俺の考えるベーコンらしさがなくなるしと、なかなか難しい。

でも、生のベーコンとマヨネーズの組み合わせは盤石である。脂肪贅肉グルメ世界(すた丼のような世界)の王道。この反ダイエット的なうまさに勝るものはあまりない。

スティーブン・キングの「ドリームキャッチャー」に、主人公が宇宙人の行動のじゃまをするために「脂身たっぷりのベーコンとマヨネーズのサンドイッチ」を教えるエピソードがある。映画化では、ばかばかしすぎて省略されたようだが、これがいちばん印象に残るシーンだった。

宇宙人は、「脂身たっぷりのベーコンとマヨネーズのサンドイッチ」をふたたび食べたくてたまらなくなり、急いで人類を抹殺しないとならないのに、無意味に田舎の雑貨店で強盗をしてしまうのである。しかも、食い過ぎて下痢になる。宇宙人の気持ちもよくわかるな。ベーコンサンドの良さがよく書けている小説だった。
関連記事


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2011/12/31 14:54 ] 加工肉 | TB(-) | CM(-)
世界グルメ紀行
無料小説
こちらでホラー小説を連載しています。
アドセンス
アドセンス
全記事表示リンク
最新記事