B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
B級グルメ・ハムコラム TOP > 漬け物 > チューブのちゅうちゅう吸うチョコ

チューブのちゅうちゅう吸うチョコ



激辛「わさび醤油漬」である。激辛なものはこの世には、いろいろあるが、これは反則だと思うな。激辛のわさびになんの利点があるのか。耳の奥がつーつーするだけじゃないか。そもそも、激辛わさびが食いたいのなら、ハウスの練りわさびチューブをちゅばちゅば吸えばいいではないか。

昔のチョコのチューブみたく。チョコのチューブというのも古い話だな。近所に駄菓子屋があって、そういう店で売っていた。小学生くらいの頃はあった気がするが、それ以降印象にないから、そこらで滅んだのではないだろうか。

知らん人に説明すると、練り歯磨き粉のようなチューブにチョコペーストというかソフトなチョコというか溶けたチョコというかそういう物が入ったやつが売っていたのである。単にちゅうちゅう吸う。これが案外うまい。

これの呼び名ってあるのだろうか。パンに塗るチョコペイストを食っても同じだと思うのだが、歯に金属臭いチューブのネジ山が当たり、その中からチョコが出てくるという風味は味あうことが出来ない。まあ、一生味あわなくても、なんら不便はない。

練り歯磨き粉と言えば、粉の歯磨き粉も存在したな。大人っぽくてアメリカ映画な感じ。ザクトライオンというのがこれだったか。それとも別だったかな。歯ブラシを直接、粉に突っ込むので、べたべたしてなんか汚くなる。生涯で1回か2回くらい使った覚えがある。

これもなかなか風味があってうまい。俺の予感ではホットケーキなんかにまぶすと、ミントのような爽やかな味になってうまいのではないか。おすすめです。俺はやらないけど。
関連記事


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2014/06/01 01:20 ] 漬け物 | TB(-) | CM(-)
世界グルメ紀行
無料小説
こちらでホラー小説を連載しています。
アドセンス
アドセンス
全記事表示リンク
最新記事