B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
B級グルメ・ハムコラム TOP > スポンサー広告> > カジカは北海道では海にいて、でかい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カジカは北海道では海にいて、でかい

これは根室のなので種類が違う気がするが。


カジカ。

昨日出て来たカジカである。カジカというと本州では渓流にいる小魚である。それがなぜか北海道では海にいて、でかい。最長50cmくらいで、アンコウのような風情である。

これがたいへんうまい。北海道の釣魚の中ではいちばんうまいのではないか。主に鍋にする。豆腐や野菜などと味噌仕立てである。そこで、身よりうまいのが内臓である。アンコウのキモがうまいのはよく知られているが、カジカもキモがいちばんうまい。それと胃袋。これもうまい。あと、よくわからない内臓など。

身よりアラの部分ばかり多い魚なので、よくわからないアラをつっついて食うということになる。身はたいへんに引き締まっている。大きな口で大食漢なんで、調理のときに胃袋を開ける時はおもしろい。いろんな魚を食っている。釣り針なんかを飲み込んでたりするので、よく調べないとならない。

地方名はナベコワシであると調べると出てくるが、まわりではそんな呼び方をする人はいなかった。ただ、カジカである。正式和名があんがいわからない。トウベツカジカに似ているのだが。

仲間にはギスカジカというのがいる。カジカは岩場に住んでいるが、こちらが砂場に住んでいてカレイ釣りの外道である。味はかなり落ちる。身が柔かいし、大きさも小さい。

釣りの時の餌は北海道では主にエラコというのを使う。他にイワムシやアオイソメも売っているが高いので使わなかった。エラコは万能でアイナメもカレイもこれで釣れるが、カジカは魚食性が強いのでサンマで釣る。ほかには、へんなところではイカゴロを使う。イカゴロとはイカの内臓で塩で漬けて硬くして使う。この臭い匂いでよって来るようだ。

玉石のところに住んでいるのでたいへん重りが引っかかってなくなる。そこで、私が小学生くらいのときに、棒重りというのが誰かに発明され売り出された。鉛製の細長い重りである。これなら引っかかりにくいというわけだ。これを転がらないように丸くしたりして使う。面白い発明だったが今もあるのだろうか。

食い物から釣りの話になって来た。小学校から中学校にかけての時期、たいへんな釣りキチだったのである。これも今では差別用語になるのか。自由な言葉でしゃべらせろ。

関連記事


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2012/02/11 13:21 ] | TB(-) | CM(-)
世界グルメ紀行
無料小説
こちらでホラー小説を連載しています。
アドセンス
アドセンス
全記事表示リンク
最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。