B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
B級グルメ・ハムコラム TOP > 総菜 > 肉屋が作る焼豚:『あぶり焼き 肩ロース焼豚』209円 クイーンズ伊勢丹笹塚店|惣菜食べ比べ

肉屋が作る焼豚:『あぶり焼き 肩ロース焼豚』209円 クイーンズ伊勢丹笹塚店|惣菜食べ比べ

クイーンズ伊勢丹焼き豚

クイーンズ伊勢丹、笹塚店の『あぶり焼き 肩ロース焼豚』である。209円。

クイーンズ伊勢丹ではローストポークというものがあり、これが伊勢丹の割に安くて、やたらとうまい。ローストビーフもあるのだが、どういうわけかポークの方がうまいようだ。それでよく買うのだが、いつも同じものを買うのは、よろしくないので、今回はその隣に並んでいた、あぶり焼き 肩ロース焼豚にしてみた。

焼豚である。ローストポークと、どう違うのかと思ったが、ローストポークの方がやわらかくウェットで、焼豚は焼豚っぽく少しドライで硬い感じ。でも、基本はほぼ同じだった。ローストポークのほうがうまいが、これも悪くはない。値段は同じくらい。

焼豚=チャーシューという認識でいいと思うのだが、焼豚と言いながら、作り方を考えてみるとあれヒモで縛ってぐつぐつ煮ているよな。焼豚じゃなくて煮豚ではないかと思うのだが、どうなのか。最後に焼き色はつけるようだが。これは昔は、ひたすら焼いていたんじゃないかな。しかし、家庭用だとたいへんなのでいつの間にか煮豚に変化して行ったのではないだろうか。

それで、ここのは『あぶり焼き』というくらいだから、原点に戻って焼いて作っているのだろうか。すると、それはローストポークになると思うのだが、できた味は違う。どこかの過程が少し違うのだろう。なかなか微妙な違いが興味深い。

また、クイーンズ伊勢丹の惣菜はいくつかのコーナーに分かれているが、これはたぶん精肉部が作っているやつである。精肉の前に並んでいて、素材も精肉部で売っている『なんとか肉』などのブランド肉を使っている。惣菜部が作ってる惣菜は別なコーナーにあって、けっこう作ってるものがかぶってたりもするのだが、内部で軋轢などは生じないのだろうか。

あと、鮮魚部もやはり自分のところで惣菜を作っている。こういうスーパー内の惣菜における縄張り争いはなかなか興味深いものがある。とはいえ、やはりクイーンズ伊勢丹 笹塚店といえば中華の惣菜が圧倒してうまいのだが、確認したら、このコーナーだけは中華料理屋の名前の看板が出ていた。中華だけは外部の店が入っているようだ。だんだんとクイーンズ伊勢丹に詳しくなるな。

クイーンズ伊勢丹焼き豚

あぶり焼き 肩ロース焼豚。

クイーンズ伊勢丹焼き豚

味噌汁と食う。なかなかいい食事だ。
関連記事


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2016/12/22 13:25 ] 総菜 | TB(-) | CM(-)
世界グルメ紀行
無料小説
こちらでホラー小説を連載しています。
アドセンス
アドセンス
全記事表示リンク
最新記事