B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
B級グルメ・ハムコラム TOP > 世界グルメ紀行
[ 世界グルメ紀行 ] を含む記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カツがやたらと大きくてうまい:カツカレー、印度 下北沢店 (インド)|世界グルメ紀行

印度 下北沢店 (インド) - 下北沢/カレーライス

下北沢のオオゼキの並びにある『印度 下北沢店 (インド)』である。インド料理店で、インド。なんと検索しにくい名前をつけたのだろうか。気軽なちょっとファストフードっぽい雰囲気もある店で、食い放題が中心のようだ。

前回はカレーライスを食ったのだが、カツカレーを始めたようだ。その店頭ポスターが非常にうまそうなので、また行ってきた。

980円くらいだったと思う。ご飯の大盛りが無料だったので大盛りにした。カレーは選べるのが三種類あるがキーマカレーにする。出て来たのが写真のこれ。カツがでかい。さらに中央がピンク色で豚肉なのにレア。しかも、うまい。これはよくできている。

これだけ、カツが大きいカツカレーは初めてだ。このカツの大きさと味ならば、体感的には1400円くらいの感じだ。他の店ならば、それくらいすると思う。このメニューは客寄せのために思い切り安くしていて、利益はあまり出ていないんじゃないかな、などと推測しながら食う。

店の方でもカツカレーで一発、当てようと意気込んでいるようで、カツ用の味付け小皿が二つも付いている。カツカレーだが、カツに味をつけて食いましょうという、こだわりようだ。一つはパーブソルトが入っていて、もう一つにはたぶんソースを入れてつけて食ってくれ、ということだと思う。

『たぶん』というは、インド人の店員が持ってくるときに、いろいろ説明をしていたのだが、声が小さいのと、日本語がへたでなにを言ってるのか、ほとんど聞き取れないのである。聞き取れた言葉は、『有機』と『ピンク』の二文字だけだった。たぶん、豚肉なのにレアで中央がピンク色だけど、有機飼育のなんとか豚なので、安全である、と言っていると思う。前は日本人店員がいたのだが、いなくなっていた。

このように店員のサービスがあまり良くなくて、まず、伝票を出すのを忘れている。奥の方で他の店員と話し込んでいて、支払いのときも大声で何度も叫ばないと出てこない。食い放題の人も、店員が客席を見てないので、何度も叫んで呼ぶのに苦労していた。このようなインド式サービスが堪能できるが、カツカレーは、稀なくらいできが非常に良いので、その点は度外視して行くと良いと思う。

印度 下北沢店 (インド) - 下北沢/カレーライス

肉がピンク色。



関連ランキング:カレーライス | 下北沢駅池ノ上駅東北沢駅





にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2017/05/04 12:31 ] カレー | TB(-) | CM(-)

食い過ぎて苦しい。唐揚げ定食の大盛り:オリジンダイニング 下北沢店|世界グルメ紀行

オリジンダイニング 下北沢

オリジンダイニング 下北沢店である。この前、できた。食堂でオリジン弁当が食べられるというコンセプト……ではないと思うが、そういう気分になる。でも、オリジンは東秀もやってるので、東秀の和食バージョンという見方もできる。オリジン弁当自体が弁当の中ではうまいので、ほぼ同じレシピで出てきても文句はない。

入ると店の雰囲気は、業種がかぶる大戸屋っぽい。カウンターよりテーブル中心で外から見るより奥があるのでゆったりしている。注文したのは、生ビールと唐揚げ定食の大盛り。唐揚げ定食の大盛りは870円くらいだったかな。

特に感激するようなものではないが、オリジンなのでふつうにうまい。弁当との違いは、キャベツの千切りが、これでもかと大量に入っている点で、健康に良い。大盛りにしてビールも頼んだが、かなりの量になって、食い過ぎて苦しい。ビールはよせばよかった。ということで分量はけっこうある。

値段はほどほどなので、お昼休みのランチなどに食うのに、良いんじゃないかな。

オリジンダイニング 下北沢

肉々しい。



関連ランキング:定食・食堂 | 下北沢駅池ノ上駅世田谷代田駅





にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2017/04/29 11:11 ] 定食・食堂 | TB(-) | CM(-)

コロッケ専門店という変わった店:『オール・アバウト・マイ・コロッケ』のカレーセット|松陰神社前商店街 世界グルメ紀行

オール アバウト マイ コロッケ (All About My Croquette) - 松陰神社前

松陰神社前商店街のコロッケ専門店という変わった店、『オール・アバウト・マイ・コロッケ』のカレーセットである。好きなコロッケを一個選べる。クミン牛肉コロッケだかなんとかいうやつにした。いろいろなコロッケが売っているのだが、値段が高いのから安いのまであって、この中のどれをセットでは選べるのかと思ったら、値段にかかわらずどれでも選べるようだ。なかなか、懐の広い店である。

カレーセットは値段が1000円か900円くらいだったように思う。それとビールも頼んだ。カレーだが意外と本格的なもので、肉がやたらと巨大なところに特徴がある。非常にうまい。福神漬けが欲しいんだけどな。

画像のスプーンの上にキャベツが見えるが、これなんか食ってみると、エビやタコが入っていてシーフードサラダだった。なかなか、芸が細かくて、サービスが良い。クミン牛肉なんとかコロッケは単品だ頼むと350円。値段も高いがさすがにうまい。クミンの風味が効いている。エジプトのコロッケのターメイヤを少し思わせる。

連れはプレーンと牛タンのコロッケを選んだが、これもうまい。牛タンのコロッケは、どんなのかと思ったら、ひき肉ではなく、粗切りにした牛タンがゴロゴロ入っているというものだった。プレーンもシンプルでうまい。

松陰神社前商店街は昔はすっかり寂れた老人の街という感じで、それはそれで面白かったのだが、ここ数年、どんどん若い人の店がオープンしている。お年寄りの店が高齢でポツポツ閉店していって、そこに若い人の店が入って入れ替わるようだ。三軒茶屋あたりに比べると、あきらかにガクンと家賃が安そうだし、通行人が多くて賑わってるので、狙い目なのだろう。ちょっと遠いのでなかなか行けないが、ここの商店街はひじょうに良い。店頭で惣菜を売ってる店が多くて、どれもうまそうだ。



関連ランキング:コロッケ・フライ | 松陰神社前駅若林駅世田谷駅




にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2017/04/26 11:52 ] カレー | TB(-) | CM(-)

非常に良い:高円寺の100時間煮込んだ100時間カレーB&Rのカツカレー|世界グルメ紀行

100時間カレー高円寺店

高円寺の100時間煮込んだ100時間カレーB&Rのカツカレーである。890円くらいだったかな。大盛りにした。大盛りは100円増し。

これは良い。辛口にしたのでなかなか辛い。激辛ではないが、普通の店の辛口より辛いくらいの塩梅になっている。カレー専門店な感じだ。量もなかなかある。

カツも非常にうまい。へたなとんかつ屋よりうまい。

ルーがいろいろあるようだが、100時間煮込んだビーフカレーにした。かなり黒い。色と味はゴーゴーカレーを彷彿させるが、結果として似てしまったということだろう。平行進化というところか。

メニューを見ると、トッピングで野菜の素揚げというのがあって、これもおいしそうだった。他のルーでは100時間煮込んだハヤシというのがあって、元々は、これを出す店だったという。俺の予感ではこれもおいしそうだ。次回はこれを食べてみたいと思う。

100時間煮込んだカレーというと世田谷線の松原駅前に似たような店があった。関東初出店という肩書きだったが、何しろ高い。メニューが1200円くらいからで、一回くらい食いたいと思いながら手を出せないうちに、1年で潰れてしまった。代官山に移転したと書いてあった。

なので、同じ店だと思い込んでいたが、値段が一回り安いし、店の説明を読むと、違う店のようだ。100時間煮込んだ、というのが流行っているのか。



関連ランキング:カレーライス | 高円寺駅新高円寺駅



にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2017/04/08 12:09 ] カレー | TB(-) | CM(-)

安い。チャーハンと半ラーメンのセットで500円:高円寺の中華食堂 一番館|世界グルメ紀行

一番館高円寺

高円寺の駅前にある中華食堂 一番館である。チャーハンと半ラーメンのセットで500円。安い。味もうまい。チャーハンと半ラーメンのセットという組み合わせでまずいということはめったにないのだが。

チャーハンは米のパラパラ具合などはあまりこだわらないのだが、塩加減がなかなか難しいと思う。塩辛くなったり味がなかったりする。ここは非常に丁度良い塩加減だった。

メニューや雰囲気から見ると、たぶん日高屋みたいなチェーン店なんだと思うが、入りやすいし、いい感じの店だ。チェーン店も偏見をもたずに、これからは入ることにしよう。




関連ランキング:中華料理 | 高円寺駅新高円寺駅








にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2017/03/17 10:00 ] 中華料理 | TB(-) | CM(-)

野菜の下から巨大な排骨肉が。スタミナラーメンとご飯:西荻窪の桂花飯店|世界グルメ紀行

桂花飯店 (ケイカハンテン) - 西荻窪/中華料理

世界グルメ紀行。西荻窪の桂花飯店 (ケイカハンテン)のスタミナラーメンとご飯である。

月に一回、猫の餌を買いに高円寺に出るので、そのたびに中央線沿線沿いを一駅づつ、探検することにした。今回は西荻窪。その隣の吉祥寺には20年くらい住んでいたので、西荻窪はそれなりに行っていたはずだが、10年ぶりに行ったら、まったく覚えていない。

商店街はかなり賑やかで良い感じだ。駅前に小さな店が密集している。隣の荻窪に比べると密度が高いな。道が曲がりくねっていて、全体が把握しにくい。これは駅と道を作ってそこに商店が集まったのではなく、昔から繁盛してる商店街があって、そこに駅ができた、ということなんだろうな。

なかなか、住むには良さそうな街だ。古い昔ながらの喫茶店が、かなり生き残っている。しかし、飲み屋が多い。がっつり系の店やインドじゃないカレー屋や安い洋食屋があれば、即座に入るのだが、ざっと一回りした時点では見つからなかった。

雰囲気は良いのに入る店がない。これは困ったが、10年くらい前に来た時に、ゆいいつ印象に残っていた駅前商店街の通路の奥にあった古い中華料理屋にした。桂花飯店 (ケイカハンテン)。こういう迷った時は失敗するものだが、今回は成功だった。

外見は汚いのだが、中に入ると意外なほど普通できれい。中だけ近年にリフォームしたらしい。表の看板のメニューで目立っていたスタミナラーメン(900円)とご飯(100円)にした。ぜんぜん、期待していなかったが、これがうまい。豚骨スープで非常に濃厚。やたらと野菜が入ってる。ネギとチンゲン菜。どう見てもすごいカロリーだとは思うが、野菜も食ってるから良いだろう、という気分にはしてくれる。

それにエビも景気良くゴロンゴロン入っている。野菜の下からなにか巨大なものが出てきた。パイコーのようだ。薄い豚肉に片栗粉をつけて揚げていると思う。うまいが、これはカロリーが高いぞ。脂っこいものが好きな人間には良いだろうが、一般の人類にはどうなのだろうか。俺は喜んでいたが。

スタミナラーメンは、脂っこいのでご飯のおかずにちょうど良かった。しかし、言い換えると、ご飯がないと単品では脂っこいんじゃないかな。今回も高カロリーを過剰に摂取して満足した。長生きしなさそうだな。

桂花飯店 (ケイカハンテン) - 西荻窪/中華料理

野菜の下から巨大な排骨肉が。



関連ランキング:中華料理 | 西荻窪駅





にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2017/02/12 13:21 ] 中華料理 | TB(-) | CM(-)

ガッツリ系激安ステーキ300gで1000円:すてーき亭 荻窪店|世界グルメ紀行

すてーき亭 荻窪店

すてーき亭 荻窪店である。でかい。これはでかい。300gで1000円である。でかくて安い。

自分の知ってる範囲ではいちばん安い。ほかの激安ステーキ店なら1500円くらいはしているところである。まともなステーキ屋なら、2000円を超えているところだろう。

月に一回、高円寺に猫の餌を買いに行くので、そのついでに外食をする。高円寺はけっこう回ったので、電車で一駅ずつ移動することにした。先月は阿佐ヶ谷、で今月は荻窪にした。荻窪は駅のホームから見ると、にぎやかに見えるのだが、降りてみると商店街が短いし、かつ、どこにでもあるチェーン店で埋め尽くされている。

これは困ったな、と思って青梅街道沿いを歩いていたら、これがあった。すぐ近くの『ぶたや』という生姜焼き専門店も食指が動いたが、こっちにした。ためらうことなく、気がつくと自然と店の中に吸い込まれていた。荻窪をさまよったかいがあった。

いちばんの売りらしいトップステーキにした。出てきた肉を見たらさすがにでかい。ふつうのステーキは180gぐらいなので、2枚弱くらいの分量はある。肉もあんがい悪くない。下高井戸の『紅屋』という激安ステーキ屋が好きなのだが、紅屋には悪いが、そこはなかなか肉にすじがあって硬い。それに比べるとずいぶん柔らかい。

上に大きな黄色いものが乗っていて、なにかと思うとハーブバターのようだ。大量の肉と油である。いいですね。飢えた若者が次々と入ってくる。肉に飢えた若い男性客が、安肉を貪り食うという店のようで、あまり女性の姿はない。ガッツリ系の店だ。ご飯と味噌汁は食べ放題。電気釜が置いてあって、おかわりは自分でよそって食うという方式だ。

野菜はほぼついてない。そのぶん、値段を下げているという徹底ぶりだ。必要ならサイドメニューで別に注文しろということだろう。

肉が多いのでおかわりはいらないかと思ったが、やはりただなのでおかわりした。安い肉をたくさん食べて満足という店である。こういう店は好きだ。近所にも欲しい。100点。

すてーき亭 荻窪店



関連ランキング:ステーキ | 荻窪駅




にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2017/01/20 11:07 ] | TB(-) | CM(-)

我らがロビンである:笹塚の洋食屋の名店ロビンのロビンスパゲティー|世界グルメ紀行

ロビン笹塚スパゲティー

世界グルメ紀行。

我らがロビンである。笹塚のロビン。トウェンティワンというおばさんショッピングモールの二階にある。笹塚の名物である。窓からトウェンティワンのエスカレーターが見えるが、飢えた20代の若者が上がってくるな、と思ったら、かならずロビンに入ってくる。トウェンティワンの集客力のかなりの部分を支えているのではないか。

今回はロビンのロビンにした。スパゲティーである。店の名前がついてるくらいだから、自信作なのであろう。非常にシンプル。エビがごろんごろんしていて、ピーマンと玉ねぎ。味付けがよくわからない。基本的に塩味というべきなのだろうけど、いろいろな味わいがある。コンソメとかなにかのダシ系のやつが入っていると思う。ニンニクはあまり入っていない。

カウンターに座ると、作ってるところが見えるが、缶が置いてあって中のものをばっとどれにも入れている。この味なのだろうと思う。門外不出のロビンの秘伝の味か。

あいかわらず換気が悪い。これだけどうにかなるといいのだが。人気店なのでいつもほどほどの客が入ってる。だが、並ぶほどは混まない。これが非常に良い。

隣の席の飢えた若者を見ると、揚げ物系のセットでご飯を大盛りにしていた。出てくるのを見るとすごい分量。いつもスパゲティーを食ってたので気がつかなかったのだが、ガッツリ系の店でもあったのか。なかなか奥が深い。こんど食ってみよう。

ロビンスパゲティーはシンプルでうまかった。他のメニューより安いのでコスパが売りという一品なのだろう。前から気になっていたが、なにしろシンプルなのでなかなか頼めないでいた。今回はこの先、行く用事があったので、簡単な食事をしようと思っていたので、ようやくロビンスパゲティーを食うことができた。

ロビン笹塚スパゲティー



関連ランキング:パスタ | 笹塚駅幡ケ谷駅代田橋駅




にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2017/01/11 14:52 ] スパゲティ | TB(-) | CM(-)

チャーハンの上にあんが:肉あんかけチャーハン 炒王 新宿西口店|世界グルメ紀行

肉あんかけチャーハン 炒王 新宿西口店

世界グルメ紀行。

肉あんかけチャーハン 炒王 新宿西口店である。久しぶりに新宿に出かけた。せっかくなので記念に外食をしようと西口あたりを彷徨った。たくさんの店があるのだが、目についたのが、『ローストビーフ油そば』の店と『肉あんかけチャーハン』の店で、これが隣同士に並んである。

どっちにしようかと思ったが、『ローストビーフ油そば』の方は客がいなかったので『肉あんかけチャーハン』の店にした。客がいないのは『ローストビーフ油そば』がまずいというのではなく、ちょっと高いからであろう。

それで『肉あんかけチャーハン』である。チャーハンがいろいろあるチェーン店のようだが、チャーハンだけのが一品あるが、それ以外はいろいろなあんが上に乗っているというメニューである。看板通りに肉あんかけチャーハンにした。単品では確か680円。今回はセットにした。860円くらいだったか。

大盛りは無料なので大盛りにした。客はほどほど入っている。たぶん日高屋などに近いのではないか。
ビールのつまみメニューなどもある。隣に比べて、客が多いというのは、コスパがいいのだろう。

味もちょっと日高屋っぽい。悪くはないは、『肉あんかけチャーハン』というコンセプト自体どうなのか。調べると美味い店もあるようだが。卵チャーハンにいろいろなあんが乗っているのだが、どうもあんがチャーハンの微妙な味を殺してる気がした。

これは白いご飯に、肉あんかけをかけるか、チャーハンをそれだけで食った方が美味いのではないか。チャーハンって味が薄くて繊細でしょう。でもまあ、日高屋っぽい雰囲気で、気楽に食って帰るという感じは悪くはない。

肉あんかけチャーハン 炒王 新宿西口店



関連ランキング:中華料理 | 新宿駅都庁前駅新宿西口駅





にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2017/01/11 13:43 ] 中華料理 | TB(-) | CM(-)

ナポリタンにご飯とカツがついてくる:キッチン男の晩ごはん 阿佐ヶ谷本店|世界グルメ紀行

キッチン男の晩ごはん 阿佐ヶ谷本店 ナポリタン

月に一回高円寺に猫の餌を買いに行く。そのたびに外食していたのだが、今回は1駅、足を伸ばして阿佐ヶ谷に挑んでみた。歩いてみたら思ったより遠かったので後悔したが、行った途端にすぐにガッツリな案件を見つけた。『キッチン男の晩ごはん 阿佐ヶ谷本店』である。これはいいね。犬も歩けばガッツリに当たる。

一目でどれも多そうだ、というたたずまいである。広くもなく狭くもない店だが、キッチンの中に4人くらい店員がいたので、夕食時にかなり混みそうな店だ。まだ夕方なのでゆったりしていた。

頼んだのが、よりによってスパゲティ・ナポリタン。ナポリタンはたまに食いたくなるよな。前回、外食した際にはマウンテンカツカレーで悶絶していたので、今回はビールは頼まないで大盛りにもぜずに普通盛りにする。最近、ガッツリ案件にぶち当たる率が高い。

やばい。カツと米の分量が対等:チキンマウンテンカツカレー、高円寺の虎春屋|世界グルメ紀行 [2016/12/10]
http://hamcolumn.blog.fc2.com/blog-entry-306.html


調べてみると『キッチン男の晩ごはん』は以前は高円寺店もあったらしい。あったらおそらく問答無用で入っていたと思う。ミュージシャンで言うなら『ファースト コール ミュージシャン』というやつだな。

それで出てきたナポリタンの話だ。値段は800円ちょっとくらいだったように思う。

これが写真を見ればわかるが、ガッツリの名前に恥じない。なんとナポリタンにご飯がついてくる。もちろん家ではいつもやるけど、外食では初めて見た光景だ。ちょっとサプライズだな。さらにチキンカツが二枚ものっている。みそ汁も付いている。

麺がマウンテン状態だったので、覚悟して急いで食べ始めたが(ゆっくり食うと満腹信号が脳に行ってしまい食えなくなる)、中から千切りキャベツが出てきたので、安心して普通のペースで味わって食べることにした。千切りキャベツの上にナポリタンが乗っているという趣向のようだ。この分量ならあせらなくても大丈夫だ。

味だが、案外、ふつうにうまい。俺ならもっとニンニクと唐辛子を大量に入れて味付けするが、そうなると食べきれない客が続出しそうだな。ガッツリな店はニンニクもどばどばというところが多いが、ここは常識的なようだ。ナポリタンはうまいんだけど、カツとかみそ汁、ご飯、キャベツなど食うのがいろいろあるので、それらを食っているうちに、伸びてしまう。ナポリタンは先にさっさと食ってしまった方がいいと思う。

もうひとつ、サプライズ。食べ終わろうとした時点で、溶き卵が入ってることに気がついた。皿の底の方に黄身の黄色い液体と白身らしき部分があるように見える。気のせいだろうか。これがどこに入っていたのか、どういう形状で入っていたのかがわからない。ガッツリ系丼では生卵を入れることが多いので、その延長でナポリタンに生卵を混ぜたのか。食ってる時には気がつかなかった。驚きを提供してくれる店である。

これは良い店を見つけた。分量は満腹をちょっと越えるくらいなのでちょうど良い。学生大盛りサービスがあるようだが、飢えた大学生でもレスリング部員以外はよした方がいいと思う。

キッチン男の晩ごはん 阿佐ヶ谷本店 ナポリタン



関連ランキング:定食・食堂 | 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅






にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2016/12/27 11:15 ] スパゲティ | TB(-) | CM(-)

やばい。カツと米の分量が対等:チキンマウンテンカツカレー、高円寺の虎春屋|世界グルメ紀行

虎春屋 高円寺店 (トラハルヤ) - 高円寺/カツカレー

高円寺の虎春屋のチキンマウンテンカツカレー。やばい。

この前はインド料理屋でカツカレーを食ったが、今度は餃子屋でカツカレーである。正確には『餃子屋だった』なのだが……少し前までタイガー餃子会館とかいう名前だったような気がするが、看板だけ変わっていた。だいじょうぶか。今後は担々麺を中心に売っていきたいらしい。なので、餃子を店名からはずしたということだろうか。

母体の会社のあるチェーン店らしいが、なかなか個性的な展開をする店で、とくに人気がある様子はないが、餃子の味は俺はうまいと思う。

この店の数軒先に『100時間煮込んだカレー』という店がオープンして人気があるようだ。それにあてこんで、カツカレーを始めたのか、と思ったが、よく考えると、このチキンマウンテンカツカレーの看板はそれ以前からあったような気がする。

チキンマウンテンカツカレーだが、並と大盛りがある。いつもならためらわずに大盛りを頼むところだが、料理の写真を見て、にわかに警戒心が巻き起こり並みにした。それで正解だった。並は880円。それとタイガービールも頼んだ。虎だから、タイのタイガービールを出してるのだな。

なぜかタイガービールがやたらとうまい。出てきたカツカレーを見て、並にして良かったと思った。大盛りなら死んでいた。これはやばい。山ができている。チキンカツのマウンテンである。普通のカレー屋の大盛りどころではない。メガ盛りくらいだ。ほぼご飯とカツの分量が互角なので、主にカレーのかかったカツを食べて、オカズにご飯を食う感じになった。

味があんがい変わっていてうまい。小麦粉を使わないカレーだそうだが、どうやってるのか。意外と力を入れて工夫して作っているようだ。わかったのは

(1)中華屋なのでたぶんラードを使ってる
(2)しゃきしゃきする感じを出すために、最後の方で刻んだ玉ねぎを入れてる
(3)かなり辛い


この三点である。

チキンカツは安く作れるので店によってはひどいこともあるが、ここのはかなりうまい。分量が多すぎるが、これはなかなか良い。カツがまずいと苦しい戦いになるので、良いカツで助かった。虎春屋のコックにはお礼を言いたい。

あとに入ってきた高円寺の飢えた若者たちは、チキンマウンテンカツカレーを小盛りで頼んでいた。飢えた高円寺の若者なのに小盛りを頼むくらいだから、すごい量なのである。一度食って後悔したのであろう。

食えない量ではないが、食うとそのあとに動けないという感じだ。ビールはよした方が良かった。

あと、付け合せにキャベツが乗っているが、これがやたらとうまい。この中で一番うまい。たぶん、軽く茹でて酢に漬けてあると思う。うまいので今度、家でも作ろう。

虎春屋 高円寺店 (トラハルヤ) - 高円寺/カツカレー



関連ランキング:ラーメン | 高円寺駅新高円寺駅





にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2016/12/10 11:44 ] カレー | TB(-) | CM(-)

これはうまい:オーロール 下高井戸店 (aurore)のチーズフランスパン|世界グルメ紀行

オーロール下高井戸店チーズフランスパン

オーロール 下高井戸店 (aurore)のチーズフランスパンである。

たい焼きのたつみの向かい辺りにある店で、とても小さいパン屋だ。6時くらいに前を通ると、いつもきれいにパンが全部売り切れている。売れているんだから、おいしいのだろうと入って買ってみた。

細かいのはすでにぜんぶなくて、このチーズフランスパンだけ数本残っていたのでこれを買う。これがあんがい成功だっらだったようで、さっきネットで調べたら、このチーズフランスパンが人気の店のようだ。270円。閉店間際だったが、まだ温かかったので、チーズフランスパンは1日に何回も焼いているのだろうか。

食べてみると、売れてるだけあってうまい。豪快におしみなくチーズがたくさん入っている。パン自体もうまい。フランスパンと名乗っているが形状が変わっていて、写真の通り、見た目では平たく伸ばした生地にチーズを乗せてくるくる巻いて焼いているように思える。だから、フランスパンという感じではない。なにかオリジナルなものだ。

オーロール下高井戸店チーズフランスパン

しいていうなら春巻きに似ている。

オーロール下高井戸店チーズフランスパン

このように大量のチーズが。



関連ランキング:パン | 下高井戸駅松原駅桜上水駅




にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2016/12/08 11:01 ] パン | TB(-) | CM(-)

やはりナメコが底に入っている:チャーシュー麺と柔らか炒めそば、代一元 笹塚店|世界グルメ紀行

代一元 笹塚店 (だいいちげん)

代一元 笹塚店 (だいいちげん)のチャーシュー麺と柔らか炒めそばである。

代一元 笹塚店というと、なぜか丼の底に2、3個ナメコが入っていることで一部で有名である。それを見たくて、またやってきた。今回はチャーシュー麺と柔らか炒めそば(一人で食ったわけではない)。

ちゃんとチャーシュー麺の底にはナメコが入っていた。それが確認できたので満足した。代一元というと昔ながらの東京ラーメンというイメージがあるが、あんがいそうでもなくて、淡白だがけっこう脂が入っている。チャーシューは昔ながらの薄いやつ。これは普遍的でうまい。分厚くてやたらとまずいチャーチューもこの世にはあるので、それよりはましだろう。

味は濃いめの醤油味。麺はさいきんのラーメンのように硬くないので、さっさと食ったほうが良い。

今回の驚きのポイントは『柔らか炒めそば』。店内ではおばさんは『焼きそば』と普通に厨房に伝えていたが、なかなか変わったものが来た。『かた焼きそばではない』という意味くらいで『柔らか炒めそば』なのかと思ったが、ソース焼きそばでも中華あんかけ焼きそばでもない、見たことがないものが来た。

中華味で炒めた、というところか。まさに『炒めそば』なのである。そこまでは想定内だが、ここからがおかしい。けっこう激辛なのである。カレーではないので唐辛子だろう。唐辛子がたくさん入っている。これはユニークな焼きそばだった。

代一元は一応、チェーン店となっているが、大昔のチェーン店なので今のチェーンのように店同士で味が統一されているわけではないと思う。たぶん、名前だけは同じだが内容的には、すでにほとんどの店がオリジナル展開しているように見える。よその代一元の焼きそばがどうなっているか、そのうち調べてみたいと思う。

ただ、見た感じではギョウザだけは今でも各店共通するものを守っているようだ。ちょっとでかい。ちなみに柔らか炒めそばにはナメコは入っていない。どの麺のメニューまでナメコを入れるのか、今後の研究が待たれるところである。

おいしさはチャシュー麺は普通、柔らか炒めそばはかなりうまい。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2016/12/07 12:44 ] ラーメン | TB(-) | CM(-)

カツカレー史上に残る珍品:代田橋の家帝 大原店 (イエティ)|世界グルメ紀行

家帝 カツカレー

カツカレー史上に残る珍品。

代田橋の家帝 大原店 (イエティ)である。方南町にもある。内部情報によると方南町のほうは兄がやっているらしい。インドカレーとあるがイエティと名乗ってるからには、ネパール人のようだ。ネパールといえばバター茶(違うかもしれん)。寒いところなのでなんにでもバターを入れる。いや、チベットと混同してるな。まあ、このへんがインドと違うところだ。

このカツカレーもバターが大量に入っている。もうひとつトマトケチャップもかなり入れているようだ。辛さはホットを頼んだので、けっこう辛い。

その他の特徴として、トンカツのカツが切れていない。そのまま、出てきたのは見たことがない。コックがカツカレーを食べたことがないという疑惑も捨てきれない。ありそうな話だ。あと、福神漬けなどはない。カレーに具はあまりないので、ちょっと単調になるので、福神漬けかサラダなどがほしいところだ。

味はトマトケチャップとバターと辛めのカレーの混じった味である。こんなカツカレーはかつて食ったことがない。ネパール流なのであろう。トマトの味が強いというとこで、意外にも淡島交差点の変なカツカレー屋のゴッホ(https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131801/13001427/)にたまたま似ている。見ている方向は360度くらい違ってる感じだが。360度違うと同じか。

グルメの人はよした方がいいとおもうが、俺はこれは好きだな。入り口は入りにくいが中は予想より広くてゆったりしている。あんがい、一人客でも居心地が良い。他にも一人客がいた。贅沢を尽くすというより700円くらいのカレーセットを気軽に食べるという感じの店だ。

基本的なところでインド料理でカツカレーというのはどうなのか。そのへんを冗談として楽しめる人向きの店である。妙に日本的なメニューになっていることが特徴で、他にはタコワサや焼き鳥(サモサではないと思う)もあった。このへんが謎の店である。

調べてみると意外とチェーン店展開しているようだ。インド料理のチェーン店というと、外国人を低賃金で酷使していると叩かれている店もあるが、ここはネパール人が経営しているように見える。なぜならばそつがありすぎる(そつがないの逆)からである。

日本人オーナーなら、そつがないので、インド料理屋で居酒屋メニューを出すことはしないだろう。そりゃそうだ。インド料理屋だけど日本だから居酒屋メニューも出してしまえ、というのはインド式の発想だよなあ。ネパールだけど。日本的なメニューを出すことが、逆にインド的な混沌さを体現しているという店である。

あと、写真ではそうは見えないが、分量がやたらと多い。ビールを飲みながら食ったら、満腹になりすぎてビールをわずかに残してしまった。大食らいなのでこれは珍しいことである。大盛りはないがそのままでもじゅうぶん他の店の大盛りくらいの分量がある。こんなところでガッツリ系にしてどうするんだ、という感じだ。



関連ランキング:インド料理 | 代田橋駅笹塚駅明大前駅




にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2016/12/05 13:17 ] カレー | TB(-) | CM(-)

イチゴのショートケーキとマロンのロールケーキ:羽根木のパティスリー アンポルテ|世界グルメ紀行

パティスリー アンポルテ (PATISSERIRE emporter)

羽根木のパティスリー アンポルテのケーキである。

食べログで見てみると昔は無店舗で営業していたらしい。どこかに卸しだけやっていたのだろうか。建物ごと立て替えてマンションの一階になって店舗ができた。開店予告のポスターだけ貼ってあって、開店予定日をすぎてもいつまでも開店しないので、だいじょうぶかと思ったが、数ヶ月遅れて開店していた。

ここは近くなのでたまに買っている。値段はけっこう高い。平均500円弱というところ。そのかわり、やたらとうまい。この価格帯になると、クリームの質がいきなり良くなる。

昨日はイチゴのショートケーキ(なんとかいう名前が付いていたが忘れた)とマロンのロールケーキ。ロールケーキは、ここ5年くらい流行っているのか、どの店でも力が入っていて、うまいものが多い。それで買ってみた。もちろん高いんだからうまい。

住宅地にぽつんとあって、新しくできた店なのだと思っていたので、経営を心配していたが、見ていると、この立地にかかわらず、けっこう繁盛していて、固定客も多いようだ。なかなかの隠れた人気店だと思う。

パティスリー アンポルテ (PATISSERIRE emporter)



関連ランキング:ケーキ | 東松原駅新代田駅代田橋駅





にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2016/12/04 11:34 ] ケーキ | TB(-) | CM(-)
世界グルメ紀行
無料小説
こちらでホラー小説を連載しています。
アドセンス
アドセンス
全記事表示リンク
最新記事


FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。