B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
B級グルメ・ハムコラム TOP > スポンサー広告> 練り物 > あやしいと思ったらすぐ、ぷちぷち!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あやしいと思ったらすぐ、ぷちぷち!

しまった。マイナーすぎて楽天で売ってない。

スジ。

練り物のほうのスジである。むずかしい。スジについてなにを語ればいいのだろうか。あなたはスジについてなにか語らなくてはならないという局面が、人生において訪れることを想像したことがあるだろうか。あるわけないとも! 今現在、日本では私がスジについて一番考えている人間であることは確かである。

スジというへんなものが、この世に存在していることは知っていた。おでんの具で、関東と関西でちがっててびっくりする代表が、ちくわぶとスジであろう。

ちなみに北海道の実家では、どちらも入っていなかった。ごくふつうの具で、タケノコやワラビ、フキが入ってるのが変わっているくらいだったが、それは地域色というよりも、父親の趣味のせいだろう。

父親はよく山に山菜を採りにいっていたので、家にそれらがあったのだ。梅酒を漬けるのに使ったりする広口ビンに塩漬けになって入っていた。竹は北海道では、はえないので、北海道でタケノコと呼んでるのは、笹の子のことである。

それで練り物のスジだが、7年くらい前に西友で見かけて、話のネタに買ってみた。おでんじゃなくて、なんか適当に野菜と煮た気がする。

食ってみたら、くちゃくちゃした中に、筋状のものが入っていて、ぷちぷち切れた。だから、スジという名前なのか。

存在意図がわからない食い物である。これ、この世になくても、世の中の大勢になんら影響はないのではあるまいか。

おおいなる謎の食い物である。このぷちぷち切れる食感がたまらんなあ……という熱心なファンがどこかにいるのだろうか。カルトか。

日夜、女子供をさらってイケニエにささげるスジ教徒たちが、ひそかに一般人をよそおって、あなたの横のデスクで働いてるかもしれない。

もし、ぴんときてあやしいと感じたら、耳元で「ぷちぷちぷち」と、つぶやいてみると良い。たちまち、ヨダレをだらだら流しはじめたら、そいつは、スジ教徒だから、すぐに公安に連絡して、逮捕してもらいましょう。

合言葉は「あやしいと思ったらすぐ、ぷちぷち!」

こんな長くひっぱるほどのネタじゃなかったな。スジの材料はサメだそうだ。では、あのぷちぷち感は、フカヒレか。たぶん、どっか知らないけど、産地で良いのを食べたらおいしい気がする。

今日はこのへんで、ゆるしたろうか。
関連記事


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2012/01/16 07:52 ] 練り物 | TB(-) | CM(-)
世界グルメ紀行
無料小説
こちらでホラー小説を連載しています。
アドセンス
アドセンス
全記事表示リンク
最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。