B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
B級グルメ・ハムコラム TOP > サプリメント > 美空イバリではなくジェネリックである!

美空イバリではなくジェネリックである!

2014-02-05 16.16.23

大田胃散である。たまたま目の前にあったので撮った。すでに中身はなく、入ってるのは鉛の小粒である。別にこの鉛の小粒を銃に詰めて、散弾銃で銀行強盗やカモ狩りに行こうというわけではなく、しゃかしゃか振ってシェイカーにするのである。下の紅茶の缶も同じである。

大田胃散はいいのだが、今日の話はパブロンである。せんじつ、風邪をひいて、高熱のあまり、目の前を火星人のフラダンスダンサーズが一ダースくらい踊り出すのが見えたので、セイジョーに薬を買いに行った。別にこんな部分で笑わせようとしなくても良いな。

『パブロンゴールドA顆粒』を買おうとしたのだが、その44包が1440円、22包が1200円。ところがその横に同じ22包なのに860円のやつがあるではないか。

「これは異なこと。タヌキでも化けているのではなかろうか」と江戸時代の山岳部族のような口調で考えていると、よく見るとデザインや色使いは、ほぼ同じだが、名前がパブロンではなかった。

ニセモノだったのある。バッタモノともいう。パクリと言っても良い。美空ひばりではなく美空イバリがドサ回りで小樽あたりの老眼で細かい文字があまり見えない老人相手に興行をして回るようなものである。

有名なやつでは、昔からあるラッパのマークではない正露丸がある。これも安い!270円くらいである。ラッパのマークの正露丸の2/3の値段。

これは『ほんとうは1/3の値段でも出せるんだけど、1/3にしちゃうと逆プラシーボ効果であまり効かなくなってしまいますからねえ』とかいう理由があって、そこそこの値段にしているのかもしれないが、どのみち、本物でもニセモノでも正露丸は、お腹が痛いと毎回飲むが、効いてるんだか効いてないんだが、いつもよくわからないので、どちらでもたいした違いはない。むしろ、飲まなくても良い気がする。

それはともかく、そのインチキパブロンを見てて、電光石火のごとくひらめいた概念があった。パブロンの飲み過ぎで脳みそに障害が現れているのかもしれない。

『これはジェネリックではなかろうか』

なるほど、そうだったのか。パクリとか美空イバリなどと思うから、ダーティなイメージがまとわりつくのであって、『これはジェネリックですよう。消費者(と貧困層)の味方ですよう』と言えば、詐欺師がいきなり、正義の味方に180度の急展開で様変わりである。

自分で思いついて驚いたね。これで悪行ではなく、善行だったのである。今まで、悪代官の仲間と思い込んでいてすまなかった。なんだ、ほんとはあんがい、いいやつじゃないか、はははっ、と加山雄三のような顔で肩をおたがいに叩きながら友情を確認したい。

パブロンの肩がどこにあるかは、よくわからないが。
関連記事


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ 2014/02/05 18:08 ] サプリメント | TB(-) | CM(-)
世界グルメ紀行
無料小説
こちらでホラー小説を連載しています。
アドセンス
アドセンス
全記事表示リンク
最新記事