B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
B級グルメ・ハムコラム TOP > 2012年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

検索する前に考えろ




生姜糖。

これまた、名前は知ってるが、よくわからないものである。だいたい、うんにゃら糖というものは、正体がわからないものが多い。

たとえば「西瓜糖」。昔、荻窪に「西瓜糖」という現代芸術のギャラリーがあって行った覚えがあるな。なぜか、頭の中では「西スイカ糖」と覚えていた。スイカの字の中にすでに西が入ってるのだが。20代の話だから、30年前か!恐ろしい……。あっという間に年寄りだ。

それで生姜糖だ。こういうのは検索してしまうとすぐ答えがわかってしまい面白くない。『検索する前に考えろ』だ。

そこで空想してみたが、たぶん生姜を薄く切って砂糖をまぶして乾かしたものではないか?生姜は生姜焼きなど、塩味のものに多く使うが、お菓子やケーキなど、砂糖系にも合うという希有な気質を備えている。

と予想を立てて検索してみたが、生姜糖は2種類あるようだ。ひとつは予想してた生姜の砂糖漬け。
もうひとつだが、こっちがメジャーらしいが、生姜の汁に砂糖を入れて、どうにかして固めたやつだそうだ。生姜板ともいうそうだ。

へえ。いつか食う日が来るだろうか。育ちは北海道だが、あっちではまったく見かけなかった。食文化が違うんだな。


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/04/22 22:12 ] お菓子 | TB(-) | CM(-)

お前は皮でも食っていろ




ブンタンとかボンタンとかいうやつ。

ミカンの仲間のでかいやつである。前にどういう由来か忘れたが、これをもらったことがある。ネットで食い方を調べて、砂糖で皮を煮て食った覚えがある。

身がどうだったかはよく覚えてない。ずうたいはでかいが皮ばかりで、身より皮を食うものだった記憶がある。皮を砂糖で煮ると意外とうまいものができた。ような気がする。昔の話なので覚えてない。

ボンタンの皮の砂糖漬けなどもあるようだ。マーマレイドもオレンジの皮を入れるので、ミカン類は皮を食っても良いのだろう。

この理論を応用すると、ミカンの皮を砂糖で煮ても食えるような気がするが、きっとまずい気がする。このさいだから、ミカンの丸煮にすると、映像的に超インパクトのあるまずいものができそうで夢が広がる。

ボンタンアメというものもある。食ったことはない。さっき、調べたらダイソーでも売ってるらしい。もっと前の世代のこどもが食っていた古い食い物だ。

このボンタンアメのわらべ歌ともとにして作った歌がある。
http://mankos.at.webry.info/200804/article_1.html

こういうのも、どんどん動画化してユーチューブで流すと反響が良いと思うのだが手が回ってない。


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

関連記事
[ 2012/04/11 14:41 ] 果物 | TB(-) | CM(-)

ビラビラビラ、ベロベロベロ。パーッ!パーッ!



ホタルイカ。

イカのくせに光る。そもそも、光って何か意味があるのか。光っていると夜中に目立って大きな魚に食われる……などというはめになりそうだ。ということは、自殺志望のあるメンヘルなイカなのであろうか。イカスーサイド。恐ろしい世の中になったものである。

しかし、光ると言っても人間が光るよりはマシである。考えても見たまえ。今日もワーキングプアな深夜労働の帰り道、とぼとぼと人生の絶望感をにじませながら歩いている、あなた。駅前の商店街をすぎると、すぐに住宅街。一気に道が暗くなる。ふと、道ばたの張り紙を見ると「最近、このへんで不審者が出没しています。要注意」などと縁起でもないことが書いてある。

急に身の危険を感じ、早歩きになるあなた。すると、目の前にテカテカ光る軽薄そうなホタルイカ風の人間が……。

ビラビラビラ、ベロベロベロ(イカのうねる効果音)。パーッ!パーッ!(光ってる擬音)

「ギャッ」などという現実では楳図かずおだけしか言わない悲鳴を上げて驚くあなた。股間に生温い失禁のぬくもりを感じながら、全速力で逃げ出そうとするが、なぜか足がもつれて逃げられない。

下を見るとすでにホタルイカ人間の長くいやらしい触手が足に絡み付いていた……。もつれて倒れる。たちまち、襲いかかるホタルイカ人間。痛そうなカラストンビの口が開くのを見て「あっ、キティーちゃんの口に似ている」というのが、あなたの最後の意識だった。

恐ろしい。ホタルイカに食われて死ぬ最後だけは避けたいものだ、と誰もが思うことだろう。ホタルイカは食われるより食う方が良い。

ホタルイカはたまにスーパーで半額になってると酢みそを付けて食う。まあ、うまいと言えばうまいが、特に感激するほどのものではない。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

関連記事
[ 2012/04/04 13:44 ] | TB(-) | CM(-)
世界グルメ紀行
無料小説
こちらでホラー小説を連載しています。
アドセンス
アドセンス
全記事表示リンク
最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。