B級グルメ・ハムコラム

レトルト、惣菜、弁当、缶詰などについて語ります。
ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
B級グルメ・ハムコラム TOP > 2012年03月

南極の氷の下で発見されたパン

高けっ


パン!

こりゃまた、守備範囲の広すぎるものだな。最近またちょっと食パンを食ってるが、いぜんはもっとよく食べていた。たしか、朝と昼の2食か1食がパンで、夕食がご飯という習慣だった。5,6年前の話か。

2キンくらい買って来るのだが、最初はよく食っていたのだが、長くパンを食っていると飽きてくるのであまる。あまるとカビが生えてくる。それは困るので、あまったパンは冷凍することにした。

それで次の買い物では、また新しいパンを買って来る。とうぜん新しいほうがうまいので新しいのを食う。すると古いのがなくならないどころか、さらにパンがあまって、冷凍パンが追加される……。という悪の無限循環をへて、冷凍庫がいつのものともしれぬ、パンの墓場になってしまった。

冷凍墓場である。南極の氷の下で発見されたUFOの中の宇宙人か、ヒマラヤで氷漬けで発見された大昔のおっさん、アイスマンのごとしである。こういうのは、解凍すると太古のウイルスがよみがえり人類が絶滅の危機に直面しかねない。なんど、こういうゴミ映画を見て来たことか。

それで冷凍パンだが、電子レンジの使い方がよくわからないので「トースト」というボタンを押して解凍して焼く。すると、まったく膨らみのないダンボール紙のようなトーストが出来上がる。こんなものはヤギでも敬遠するであろう。

そこで、私が考えた冷凍パンの使い方は、パン炒めである。こっちのほうがうまくいく。凍ったのをフライパンで焼くのであるが、そのうちこれが進化して(退化して)、野菜や肉と炒めるようになった。

ユニークな創作料理である。他人が作っているのを見たことがない。なかなか、アバンギャルドな見た目になる。あまり、おすすめはしない。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

関連記事
[ 2012/03/29 16:56 ] パン | TB(-) | CM(-)

水中で息をするガム

もう売ってないのか


ガム。

ガムである。確か大昔のアニメで水中で息をするときに食うガムというのが出て来た。今更ながら、理屈(ヘリクツ)を考えてみたが、ようは水中で呼吸をするには、肺で直接、水の中の酸素を吸収できればいいのだろう。

となると、そのガムは口の中で噛むだけではなく、一気に気合いを入れて気管から肺まで吸い込まないとならないわけである。肺の中にそのガムが入り、肺の壁に人食いアメーバのごとく張り付き、水から直接、酸素を吸収する働きをするのである。

気管に水が入ってむせたどころの騒ぎではない。気管にガムを入れるとは!どれほどの苦しさか。アニメでは平気な顔をしていたが、口の中ではくちゃくちゃ噛んでいたガムを食道ではなく、一気に気管から吸い込んでいたのである!なんという強いハートを持った水中少年か。

さらに肺で酸素を吸収するってぇことはだ、とうぜん、ずっと気管から水を吸い込んでいないとならないわけである。気管に入ってむせたどころのさわぎではない。ずっと出入りしているのだ。恐ろしい。漫画の国に生まれないで良かった。

ガムはめったに食わないが、コーヒーガムだけ好きだった。さいきんでは、キシリトールガムを食っている時があったな。お菓子なのに歯の健康に良い(ほんとかどうかは疑わしいが)というひきょうなコンセプトの食い物だった。後ろめたさがなくて良い。



にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

関連記事
[ 2012/03/25 16:52 ] お菓子 | TB(-) | CM(-)

鼻血を出すのが好きだ



チョコ!

ああ、好きだとも!アメなどは冬山を登山していて遭難した時にしか、リックに入っていたことをありがたく思うことはないと思うが、それでも、チョコがリックに入っていた方がずっとおいしいし、ありがたいと思う。

しかし、その反面、うまいのでパクパクと食べてしまい、あっという間になくなる。もし、遭難したのなら、一気になくなるより、長持ちする食い物のほうが良いのだろうか。遭難して雪の下で氷漬けになっている者の意見を聞きたいところだ。

一気に食べた方が緊急時のエネルギー補給になっていいのだろうか。でも、それならアメでもばりばりとカミツキガメのように噛み砕けば可能か。ひじょうに今日はくだらないことしか言ってないな。

チョコはだいたいがおいしいが、ひとつだけ例外を思い出した。

100均のでかいチョコだ。わかるだろうか。100均でも普通のチョコの100円版は、当たり前だが、いつものチョコの味だ。ところがこの100均でかチョコ。だいたい聞いたことのないメーカーや、外国のメーカーだ。ハムスター商事とか、Hamster.coとかのような。これがチョコのくせにまずい。チョコの味はわりと均一的なものという先入観のために何度もだまされた。

なんというか、アンコっぽい! 粉っぽい味がするのだ。なんの粉だ?小豆の粉でも入れてカサを増してるのか?小豆の粉もけっこう高いんじゃないか?などと、いろいろな疑問がわく。なにかで水増ししてることは確かだ。

だから、水増し分を減らしたら、普通の100均サイズの小柄なサイズになってしまうんだろうと思われる。資本主義というものの本質をかいま見た。

水増しというとチリ紙交換のバイトを一日だけやって挫折したことがあるが、軽トラックに古新聞、古雑誌を集めて、回収場に行く前に、ホースでばしゃばしゃ水をかけて重さを水増ししていた。重さで料金が決まるのだな、あれ。

でかチョコといえば、外国から輸入されてくる巨大なアメリカンな板チョコが最近増えた。あれもワイルドなものだ。細かな情緒などまったくない。ひたすら運動のようにセックスをするだけのアメリカンポルノに相通じるものがある。下品で低俗!とても好きである。一気にむさぼり食って鼻血を出したいものだ。鼻血を出すのが好きだ。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

関連記事
[ 2012/03/22 16:55 ] お菓子 | TB(-) | CM(-)

もらってうれしくないオミヤゲNO1とは?



アメ。

アメである。これほど今の世の中で、しいたげられているものはない。私もしいたげってやる! 存在価値なしの役立たずめ!これほどまでに、人権を無視して差別されていても、まったく同情心のカケラすらわかない。

マザーテレサだって、プッと吹き出して、軽蔑して横を素通りしてしまうほどである。ほんとうにありがたみがない。もらっても、まったく、うれしくない。

そもそも、この21世紀、自分でアメを買う人間などは存在しない。アメとは、焼き肉屋で帰りにレジで、もらったり、旅行に行ったあまり親しくない人が、形だけのオミヤゲとして、まったく心なくプレゼントしてくれるというものである。

ほんとうにありがためいわくですよね!旅行のオミヤゲにアメをもらった日にゃ、全力で目鼻口、身体中のありとあらゆる穴にアメを詰め込んで、返してやりたくなりますよね!?

そんなテロリズムと寸分違わない暴力性を秘めたアメであるが、二つだけおいしいのがある。

一つは、あれだ……丸くて、でかいやつ。なんて説明したらいいか、わからない。なんら変哲のないガラス色の、口の中に入れたらけっこう大きいやつだ。これで伝わるだろうか。伝わってない気がするな。

あれは名称があるのだろうか。名前のないものを説明するのはむずかしい。あれは、なぜかおいしいな。なにも奇をてらっていないのにおいしい。

もう一つは、ミルクアメだ!ミルキーはコンデンスミルクの味!まあ、ふつうにコンデンスミルクを舐めてりゃ、いいじゃねぇか、という話ではあるが、これ系の味が好きなのである。ミルキーが好きというより練乳が好きなのだな。

この仲間で北海道バター飴というのもあるな。オミヤゲの定番だ。これなら、心あるオミヤゲなので、全身の穴という穴に、詰め込まれて返品されることはないだろう。長生きしたい方は、オミヤゲにはバター飴をおすすめする。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

関連記事
[ 2012/03/20 04:17 ] お菓子 | TB(-) | CM(-)

散歩のお供にキャラメル



キャラメル。

しぶい。アメの次にしぶいと思う。戦時中や世界が貧しかったころの「なんでもいいから糖分が入ったものが食いたい」という時代の産物だと思うな。

溶けかけたものをかじると、歯にくっつく。ひじょうに始末が悪い。もちろん、販売が終了したわけではないので売ってるのは知っていたが、小学生時代が終わると二度と縁がないものと思っていた。

ところが、最近、これを食う習慣ができた!なんということだろう、キャラメルの逆襲である。

どうしてそんなことになったかというと、散歩のときに暇だから舐めるのである。キャラメルは舐めると表現するのか、食うと言えば良いのか、どっちかわからんな。ブザーが鳴るとヨダレが出る犬のごとく、散歩に出ると、キャラメルがほしくなるようになってしまった!

そのキャラメルだが、ぜんぶ、貰い物である。ミルクキャラメルと味噌キャラメルと夕張メロンキャラメルの三種類である。キャラメルに味噌を入れるという趣向がわからんが、たぶん、味噌があまっていたので、あわんとは思うがキャラメルに入れれば、バカな観光客のお土産用に消費されるのではないかという味噌関係者の思惑の結果であろう。

最初はミルクキャラメルだった。部屋にあったので思いつきにポケットに入れた。そのまま忘れていたが、長距離歩くとけっこう単調になるときがある。暇だなと思いながら、ポケットを探るとこれ。なんとなく、口に入れると実に暇つぶしになっていい。

タバコと同じ役割である。変な習慣ができてしまったな。虫歯に悪い。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

関連記事
[ 2012/03/17 11:26 ] お菓子 | TB(-) | CM(-)

全人類は死にたがっている



梅干し。

さいきんよく食ってる。オニギリの中身の定番であるが、これほどありがたみのないものはない。大人になったら、うまさのわかる食いもののひとつかと思ったが、やはり、オニギリの場合だが梅干しをそっせんして選ぶことはない。

やはりイクラとかツマナヨに比べると梅干しはアピール性にかけるのではないだろうか。もっというと、糖尿病性にかけるのだ。これ食ったら、晩年は糖尿になってしまうなあ……というコッテリさがない。病気になりそうな食い物はうまい。それを考えると、やはり、人間は死に魅惑されているのだろう。全人類は死にたがっているのだ。

それが本能なのではないか。酒、タバコ、麻薬、ギャンブル。いずれも、やりすぎると死に至るような病に人間は魅惑される。死が快楽本能に直結しているのだ。「死にたくない」が生命体としての一番の本能だが、その裏ランキング一位は「死にたい」であろう。人間のまか不思議さ。もはや、梅干しの話題となにも関係がない。

これは考えてみたが、やはり、生命は個人としては「消滅したくない」のはもちろんだが、種としては、食い物屋で回転を速くして売り上げを伸ばすごとく、「種が生き延びるためには、個々の命はそれなりの速さで死んでね♡」という自然の摂理が動いてる気がする。

つまり、生命とは全体主義なのである。このヒットラーめ。神はわれわれを憎んでいる。



にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

関連記事
[ 2012/03/15 14:37 ] 漬け物 | TB(-) | CM(-)

カラスガレイと小沢一郎は整形をしないと人類の中では人気が出ない



エンガワ。

このまえ、回転寿司で食べたエンガワがたいへん美味しかった。どれも美味しかったのだが。ところで私は面白いことに気が付いた(まあ、知ってる人には見え見えなんだが)。メニューのどこにも「ヒラメの」とは書いていない。ヒラメのヒの字もない。

そういえば、回転寿司のエンガワは代用魚だった気がするので調べてみたら,その通り。カラスガレイやアブラガレイ、オヒョウだそうである。

ハリバット!(オヒョウの英語名)。オヒョウなんか、ヒラメ並みの高級魚のようなイメージがあるが、そうでもないのか。しかし、オヒョウと聞くと「ハリバット!」と叫びたくなる。そういう威勢のいい英語名である。怪傑ハリバットというカレイが主人公のアニメができても、おかしくはない。面白くはないかもしれないが。

カラスガレイなんてぇのも、昔は売ってなかった。どこぞの深海魚であろうか。カラスつぅくらいだから、よほど真っ黒で怪獣のような凶悪な顔をしているに違いない。そもそも、ヒラメもえれぇ悪そうな顔をしている。悪人顔というやつである。小沢一郎もあんな悪人顔じゃなく、菅直人のような顔をしていたら、今頃、総理大臣をしていたに違いない。先日も「小沢は裏で悪いことをしてるから、あんな顔をしてるに違いない」などというたいへん科学的な意見を聞いた。

一般大衆というのは、みんなテレビの見過ぎで「悪そうな顔をしている者はみな悪人」という、刷り込みが幼児期からできてしまっているのだ。いや、そもそも、もっと動物的な深い本能からの産物からかもしれんな。

思い出せ、我々がもうちょっと毛のはえていた猿だった頃を。木から降りてちょっと地面に落ちてる柿でも食おうかな、と思って歩いてたら、いきなり出くわす見たことのない巨大動物ッ!

そこで、生き残るかどうかは、とっさの判断が重要なのである。もし、その獣が小沢一郎のような顔をしていたら、そいつはぜったいあなたを美味しいランチとしか見てないから、一瞬にして木に登らないと食われてしまうであろう。

しかし、それがもし、鳩山由紀夫みたいな顔の動物だったら政治能力はなにもないだろうが、たぶん、足の先からバリバリむさぼり食われることはないんじゃなかろうか。鳩山由紀夫の食生活はわからんけど。

問題は菅直人のような顔だった場合だな。いっけん、市民の味方ですよーっという顔をしているが、いきなり怒りはじめて「草食動物なのに肉をむさぼり食い」はじめかねない。私の中ではこの三人の中で一番、信用度が低いな。

というわけで、カラスガレイと小沢一郎は整形をしないと人類の中では人気が出ない、というすごい結論が出たが、これでいいのか。感想とご意見はお待ちしていません。


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

関連記事
[ 2012/03/09 16:19 ] | TB(-) | CM(-)

とりあえず政治批判をすれば「社会派」になって偉い気分がする

天然コラーゲンたっぷり!煮こごり約300g

天然コラーゲンたっぷり!煮こごり約300g
価格:1,029円(税込、送料別)



煮こごり。

昨日、手羽先を煮たら、今朝、良い煮こごりができていた。

987048_1553743934_225large.jpg

これがまた、不可解なものである。調べてみたら、やっぱりという結果がでた。ニカワと同じものだそうだ。

つまり、濃いか薄いかの違いだそうである。ニカワは日本絵でも描かないかぎり使ったことのある人はあまりいないだろうが、溶かしたらウンコの匂いがする! 私は楽器を作っていたので(すごい趣味だな)知っている。いまだに楽器作りには、ニカワは万能なのである。

なぜ、万能かというと、化学ボンド以上の粘着力があるくせに、暖めると溶けるのである。霧吹きで湿らせてドライヤーで暖めると溶けて外せるので、修理ができるのである。そこが化学ボンドの違いで、いまだに使われている理由である。

だから、いまでも数百年前のバイオリンなどが現役で使われているのは、ニカワでくっつけてるので、修理のためにパカッと開けて直せるからなのだな。でも、やはり、湯煎で溶かすのがめんどくさいので(ウンコ臭いし)、二度と直さないような部分はタイトボンド(という楽器用のがある)でくっつける。

ニカワは湯煎して溶かして使うのだが、冷えるとまた固まって来る。高温で溶けたすぐの状態で塗らなくては、最強の強度にはならないので,温度の調節がむずかしい。確か80度で溶けた状態が最強になる。私が使った時は、鍋にジャムの空き瓶を入れてその中で溶かしていた。鍋にも瓶にも水を入れる。

カチカチのヒモノのようなものが溶けていく様は不思議でおもしろい。おいしそうなのだ。ゼリーも同じ成分だったはず。

ニカワの話になってしまったが、煮こごりである。気の利いたそば屋で頼んだりするとけっこう高い。家で作っていて、よく煮こごりができるのは、エイの煮付けとブリ大根である。食べ残しを冷蔵庫に入れておくと、よく固まっている。

エイの煮付けの方がくせがないので、煮こごりもうまい。今はどうか知らんが、北海道では「カスベの煮付け」と呼んで、しょっちゅう食わされたものだ。子供の時分にはまったく、ありがたみは感じなかったが、大人にならないと良さのわからない味の一つだ。おっさん臭い食い物だ。

どうも、このエイの煮付けと、中華のえれえ高いフカヒレは基本的に同じなんじゃないかと思うのだが、どうだろうか。エイとサメの違いだけである。サメはヒレの部分でエイは身の部分だが、エイは、ぜんぶヒレのようなものじゃないか。エイの味付けを中華風にしたら、廉価でフカヒレができるような気がする。生物学的には違いはなかったのではないか。

ブリ大根の煮こごりは、臭い! ウンコの臭いはしないけど魚臭い。これは私の料理の仕方と、素材の鮮度の問題でもあるだろう。買って来てすぐので作るとだいぶましになる。もちろん、アラの下処理もしてるのだが。

しかし、「ダシ」と「魚臭さ」は表裏一体のような気がする。成分が同じなのではないだろうか。ダシの出る魚を考えるとみな、魚臭い。魚臭い成分をうまく使うと、ダシになるのではないだろうか。

確かにエイは魚臭くならないが、エイでダシを取るコック(テロリストより強い)はいない。やはり、ダシを取るには魚臭さが必要なのだ。

ニカワがウンコ臭いことを考えると、その関係がおもしろい。なんで、ウンコ臭いのか。ニカワは動物を(たぶん皮や骨あたりの煮込みを想像)煮込んだり、パールニカワというものもあるので、それはホタテ貝(いやアコヤ貝か)のようなものを煮込んだのを想像してるのだが、もしかして、「パールのような透き通ったニカワ」というだけで貝は関係ないかもしれない。

これはグーグルで検索する一発でわかるのだが、そうすると書くことがなくなってしまうので、検索はしない。これはグーグルの欠点の一つだ。

ウンコの臭いも香水の成分に含まれているそうだし、精製して洗練させると良い匂いになるのだろう。魚臭い困ったやつも、同じく洗練させると良いダシになるのだ。人間のクズのような問題のあるやつの方が、成長すると立派な人材に……と書こうと思ったが、急に説教臭くなったのでやめる。

なんでも、社会ネタや政治ネタに落として、とりあえず政治批判をすれば「社会派」になり、自分が立派になった気分がするというのを「昔の笑点の歌丸症候群」と言う(私が言ってる)。こうなっちゃう人が世の中多い。現代人の落ち入りやすい落とし穴の一つである。気をつけよう。




にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

関連記事
[ 2012/03/06 14:08 ] 料理 | TB(-) | CM(-)

空から降ってくるのは、おたまじゃくしだけとは限らない



白菜である。いやあ、恐ろしい。なんど、白菜さんに、お隠れになられている青虫さんにおどかされたことか!

ああっ!あの細くて青いちょろんとした君よ! その面長な(というかぜんぶか)顔立ちに、どんな破壊力があるのか、君はご存知なのだろうか。人間やほ乳類の動物の子供はあんなにかわいいのに、どうしてこの「青」をはじめとすると虫さんたちの御子息は、こんなにかわいくないのだろうか。

青さんが出てくる可能性の高い状況というものがある。私は知っている。それは、買ってきてけっこう時間を置いた野菜だ。これは思うに卵の状態で葉っぱにくっついていたのが、冷蔵庫の中で孵って、葉っぱの中にマイスイートホームを築いているのではないかと……。

または、小さいサイズで目立たなかったのが、育ってゴロンとした青年になってしまったのではないか。買ってきた青菜のビニール袋のそこになにやら小さなフンが落ちていたら要注意である。もちろん幼虫注意!

昔はほんとにこれが苦手で冬の間しか青菜を買わなかったことがある。最近は嫁の実家から「家庭菜園で採れた青菜」などという、最初から地雷を内包しているような危険物がくるので、だいぶなれてきた。

危険そうなときの、洗い方のこつはこうである。とりあえずあまり細かい部分は見ないようにしながら、全体をボールに突っ込んで洗う!ゴミや土などが浮かんでくるが、中には動き出す不穏な輩がいるとも限らないので、あまり見ないようにさっさと
水を流す。あとはばらしてから、もう一回あまり見ないように洗い流す。

ここが思案のしどころである。もし、細かい小学生クラスのがいたら、排水口の金網に引っかかっているはずだ。……恐ろしい。地獄のような事態である。ここでのこつは、「考えないこと」だ。いるかもしれないし、いないかもしれない。もしかして、いるのかもしれないが、何かの都合でバミューダトライアングルに飛行機が消えるように消えてなくなるかもしれない。確かに排水口とブラックホールはよく似ているではないか。

ちなみにゴロンとした大将クラスのが水に浮かんだらどうするかというと、あきらめて水ごとすくって窓から外に捨てる。下は駐車場だが、そのうち、「空から青虫が降ってくる駐車場」として有名になるかもしれない。車を持ってなくてよかった。


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

関連記事
[ 2012/03/05 14:29 ] 野菜 | TB(-) | CM(-)

コックはもちろんテロリストより強い



チンゲンサイ。

しぶい。なにが、うれしくてチンゲンサイについて熱く語らないとならないのか。あまり、チンゲンサイについて考える人は、チンゲンサイの栽培農家の人と中華料理屋のコック(とうぜん、テロリストより強い)以外はいないと思うが、昔はなかった野菜だ。

安くて、くせがない。これも菜の花の仲間である。あなたは菜の花の恐ろしさをご存知か? きゃつらの秘められた陰謀を……。なにしろ、人類が食ってる野菜のだいぶぶんが菜の花科(アブラナ科)なのである!

キャベツやらハクサイやらコマツナやらチンゲンサイやらブロッコリーやらカブやらダイコンやらありと、あらゆるものが菜の花である! この色魔めッ! しかも、最近などはアスパラ菜などの他種とのこう配植物まであるらしい……。

つまり獣姦まで、こなすということだ! この淫獣は!

ダイコンとキャベツなんか、まったく共通性がないと思うのだがな。丸いのと長いの。大昔にピテカントロプスのピテ山トロ吉ハカセなどという菜の花が好きな人がいて、菜の花押し! 菜の花にいろんな人体実験を繰り返して、さまざまな改造人間を作り出して世界制覇を狙ったのではなかろうか?

菜の花ショッカー説である。その危険な実験の成果は着実に我が家の台所に現れてるようだ。どうも、夜中になると、がさがさ野菜が集まって集会をしている気がする。その場合、菜の花一族とは関係のない、イモやネギさんたちの行動が気になるところだ。

仲間として参加するか、それとも裏切るか? 次なる行動がまったく予想できない。話題を変える!

チンゲンサイは姿が良いので、そのまま茹でるとかフライパンで焼くと、値段の割にけっこうな食いごたえのある物ができる。中華料理でこんなのが出たような。

菜の花の仲間は、このようにいろんなかたちがあるが、花が咲くとわかる。家庭菜園で、ロクに成長もしないので収穫できないまま、トウがたって花が咲いてしまうことがよくある。すると、おもしろいことに菜の花科はやはり、ぜんぶ菜の花そっくり花が咲くのである。ルーツだな。この時だけは祖先の顔に戻るのである。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

関連記事
[ 2012/03/03 13:35 ] 野菜 | TB(-) | CM(-)

ゴボウにまつわる短編



ゴボウ。

黒くて長い。例によって食い物は安い物しか買わないのだが、意外と安くなっている時がある。ところが、安い時のゴボウは細い!

それにどんな欠点があるかというと、ゴボウは包丁をひっくり返して背で皮を削るのだが、細いとどんどん削れてなくなってしまう。ゴボウ喪失だ。これでは、料理する意味がない。賽の河原で石を積み上げるような物。削っても削っても、剥けたゴボウはたまらないのである。これは恐ろしい話である。囚人の刑罰に最適なのではないか。

仮に囚人の名前をホリエモン(仮名)としよう。そんな変な名前の人間がいるわけがないから安全だな。このホリエモンが、「今日からお前は調理係である!」などと命じられるのである。それでホリエモンは美食家なので、「やったあ、これでつまみ食いが好きなだけできて、刑務所入ったのに太って出てきそう♡」などと思ったのが、地獄のはじまりはじまり。

来る日も来る日も、ウチの近所の駅前スーパーで買った130円くらいの極細ゴボウ削りを命じられるのである。つまみ食いをするにも、削った皮しかないではないか! あわれホリエモン! 人権を無視したゴボウ削りという刑罰のために、すっかり痩せおとろえて、シャバに出て来た……。

その姿はまるでゴボウのようであった。

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

関連記事
[ 2012/03/02 14:46 ] 野菜 | TB(-) | CM(-)
世界グルメ紀行
無料小説
こちらでホラー小説を連載しています。
アドセンス
アドセンス
全記事表示リンク
最新記事